日本には「朝の蜘蛛は殺すな」という言葉があります。

この言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

では実際に朝に蜘蛛を発見したらどうでしょう。

蜘蛛はなんとも言えない姿をしており、気持ちが悪いと思われる方もいると思います。

できれば退治したいけど、この言葉が気になりますよね。

今回は、

  • 朝の蜘蛛は殺してはいけないのか
  • 縁起がいい
と言われる理由などについて探っていきたいと思います。

スポンサーリンク


朝蜘蛛は殺さない方がよく「縁起がいい」理由

日本には、昔からクモを見ることによって縁起をかつぐ風習が存在しています。

代表的なのは、いわゆる、

朝蜘蛛
夜蜘蛛

という概念で、「朝にクモを見ると縁起が良く、夜にクモを見ると縁起が悪い」とするものです。

ただ地方によって様々な違いがあるようで、例えば九州地方の一部ではクモを「コブ」と呼称するため、夜のクモは「夜コブ(「よろこぶ」を連想させる)」であり、縁起が良いものとされています。

また各地域で以下のようなジンクス(迷信)も言われています。


  • 朝の蜘蛛は幸福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る。

  • 朝の蜘蛛は神の遣い。夜の蜘蛛は悪魔の遣い。

  • 朝の蜘蛛は殺すな。夜の蜘蛛は殺して良し。

  • 朝の蜘蛛は金運が上がる。夜の蜘蛛は盗まれる。


夜の蜘蛛は尽く不吉な存在になっています。

逆に、朝の蜘蛛は縁起の良い存在となっていました。

でもなぜ朝の蜘蛛が縁起がいいのでしょうか。

それには理由がありました。

  • 朝の蜘蛛を見ると晴天になる
  • 朝の蜘蛛は神様の使いで縁起がいい

スポンサーリンク


朝の蜘蛛を見ると晴天になる


朝は1日の始まりです。

そのときに蜘蛛が登場したら「その日は晴れる」と言われています。

蜘蛛は晴れた日に網を張ると言われているので、蜘蛛を朝見たらその日は晴れるというわけです。

晴れた日には心が清々しい気分になりますし、なんだか幸運なこともありそうですね。

良い気分で1日が始めることができますし、朝の気分は1日中影響するとも言われています。

またそんな気持ちにさせてくれる朝の蜘蛛を殺してしまったらその日が憂鬱になるかもしれません。

無駄な殺生は良くないと仏教の教えでもあります。

あらゆる命あるものの「命を奪う」ことを「殺生」といい、お釈迦様は、すべての生命は平等であり上下はないと教えられています。

ですので、朝からそのようなことをせずに、清々しい1日になるよう、蜘蛛をそっと見守ってあげるといいでしょう。

朝の蜘蛛は神様の使いで縁起がいい


元々蜘蛛は昔から神様の使いとされてきました。

そしてあの世とこの世をつなぐ生き物とも言われています。

また日本人に馴染みのある仏教的な意味合いでは、『天と地を結ぶもの』『天から幸運が下りてくる象徴』という意味があります。


芥川龍之介の有名な「蜘蛛の糸」という小説を思い出しますよね。

主人公は、犍陀多(カンダタ)という大泥棒。地獄に落ちた彼の前に、お御釈迦様が現れます。

彼が以前に蜘蛛を助けていたことから、お御釈迦様によって救いの手が差し伸べられるのです。

それにすがる彼ですが、同じく地獄に落ちた者たちも救いを求めて……


というのがあらすじです。
お御釈迦様の使いとして蜘蛛が登場しています。


このように言われている蜘蛛を朝に発見したらどうでしょう。

きっと縁起がいいことが起こる知らせだと思いますよね。

ちなみに、小さな蜘蛛や赤い蜘蛛は金運をもたらすとしています。

もてなすまではいかないにしてもそっとしておいて、どんな良いことが起こるのが想像して朝から幸せな気分に浸りましょう。

朝蜘蛛が縁起が良いことがわかったと思いますが、蜘蛛の特性から由来している、スピリチュアルな意味合いもあります。

スポンサーリンク


蜘蛛のスピリチュアルな意味


蜘蛛が持つスピリチュアルな意味は、

「準備せよ」
「しまらく待て」


などがあります。
巣を張ることや、飛んでくる獲物を待つという蜘蛛の特性がその由来になっています。

これは朝蜘蛛に限らずにいつの蜘蛛にも言えることなので、蜘蛛を見たときにはこういった意味を考えてみてはどうでしょうか。
  • 何か悩みがある時
  • 結論を出すとき
蜘蛛を見た場合、「辛抱して待て」という未来からのメッセージかもしれません。

気になったときには立ち止まって考えてみては。

また蜘蛛の巣にもスピリチュアル的なメッセージがあります。

蜘蛛の「巣」スピリチュアルな意味


蜘蛛の巣はベタベタと粘着質な物質ですよね。

もし触ってしまったときにはなかなか取りいくいものです。

その性質から、良い運気を掴み取るという意味があり、「幸運が訪れる」というメッセージとなっています。

逆に悪い運も捉えて離さず、そのまま消滅してしまうという意味合いもあります。

どちらにしても蜘蛛の巣を見つけることができたら幸運でしょう。

しかしここで注意したいのが、整った巣の形で輝くような美しさを持った蜘蛛の巣でなければいけませんと言われていますので、この辺りは気をつけてみてください。

さいごに

朝の蜘蛛について調べてみました。

昔から縁起がいいと言われていた朝蜘蛛。

見ると晴天になったり、神様からの良い知らせがあるとされています。

また朝の蜘蛛に限らず、夜の蜘蛛も縁起がいいと言われている地域もあります。

夜の蜘蛛も含めて無駄な殺生をすることなく、そっと見守って過ごして幸運を持ってみてはどうでしょうか。


スポンサーリンク