新しい靴をおろすときには「夜に靴をおろしてはいけない」と言われ、そうされてきた方も多いでしょう。

しかし、なぜ夜がダメなのでしょうか?

古くから日本では、新しい履物は午後におろしてはならず、特に夜に履いて外出するのは縁起が悪いと言われてきました。

このように言われているのはかつての風習に関係があったからなのです。

新しい靴をおろすときの時間や日のタイミングを知って気持ちよく新しい靴を履くために参考にされてみてください。

スポンサーリンク


新しい靴をおろすときに夜がダメだとされる意味

昔は自宅で葬儀が行われていました。

その後、遺体の埋葬や火葬を行う場所へは、親族や地域の人が棺桶を担いで移動します。

この葬儀の後に行われることを「野辺の送り」と言われ、夜間に行うという決まりがあった言われています。

野辺の送りには新しい履物(草履)が用意されて帰りに捨てて帰ってきました。

新しい靴を夜間におろす行動は、このような昔にあった習慣から「死」を連想させるのでダメだとされていたのではないでしょうか。

靴をおろす時にタイミング

 
靴を夜に下ろすのがダメなのは昔にあった習慣が関係していました。

では夜がダメなら他の時間はいつだったらいいのでしょうか。

靴をおろすのに最適なタイミングを紹介していきます。

靴をおろす時間

新しい靴をおろす時間は午前中が良いとされています。

風水で運を意識した場合、理想の最適の状況は、晴れた日の午前中だからです。

晴れた日には、陽の気と言われる活動的なエネルギーに溢れていて、特に午前中には多く満ちています。

ですので午前中に靴をおろすことにより良い気を得ることができるでしょう。

しかし同じ午前中でも雨の日には、陰の気が強まります。

陰の気とは休息や静寂のエネルギーですので、その影響を受けないように雨のには靴のおろすのは避けたほうが無難です。

スポンサーリンク


午前中に靴をおろすことができない時の対処法

午前中のうちに靴をおろすことができず、午後から新しい靴を履きたい時には次のような対処法があります。
  • 靴の裏に墨を塗る
  • 鍋底でこする
  • 煤をつける
  • 油性ペンでばつ印を書く
  • 火であぶる
  • ツバをつける
など、いろいろな方法があります。

新しい靴は足に馴染むまでに時間がかかりますよね。

転んだり怪我をするもとになると考えられており、そうならないように靴の裏を汚すことで「新品ではない」として縁起を担ぐ効果があるのだとか。

少しでも気になる方は参考にされてみてください。

靴をおろす日

靴をおろす時間帯が気になるのでしたら、日にちも気になってきますよね。

日本には昔から六曜と言われる暦上の日を6種の吉凶日に分けたものがあります。

六曜は冠婚葬祭のときには特に重要視されており、現在では結婚式は仏滅に行われるようになりましたが、葬式では友引は避けられています。

新しい靴を購入し使い始めることは嬉しいことであり、この六曜にも気を付けたいですよね。

六曜のなかで靴をおろす日として1番オススメなのが、大安です。

大安は「たいあん」と読み、大いに安し、という意味があります。

何をしてもうまくいく、成功するとされる日で、六曜の中で最も吉の日となっています。

新しい物事を始めるにもよい日と言われているので、
  • 引越し
  • 地鎮祭
  • お参り
などを行う際に大安を選ぶという方もいらっしゃるほど。

このようなことから新しい靴をおろす日として六曜のなかで最も良い吉日の「大安」が最適でしょう。

靴のおろすタイミングをまとめると次のようになります。

  • 活動的な運気に満ちた、午前中におろす
  • できれば、晴れた日におろす
  • 日も気にするなら、大安におろす

スポンサーリンク


新しい靴をおろしてから気を付けたいこと

上記の方でも紹介させていただきましたが、靴は風水では行動力を表すもの。

「自分を運のいい場所へ連れて行ってくれるアイテム」と考えます。

良い縁を運んで来てくれるのですが、その後の管理も大切です。

靴を使っていくと段々と汚れていきますよね。

靴の汚れをそのままにしていくと運がどんどん下がってしまいます。

特に靴は金運がダウンしたり逃げてしまいます。

金運がダウンしたら財運も下がってきて、家の主の給料や収入が上がることはありません。

そうならないためにお金持ちの方はいつも靴を綺麗にしています。

ステキな運を引き寄せる為にはいつも靴は綺麗にしておきたいですね。

靴の置いてある玄関も綺麗にする

靴が置いてる玄関は、家に運気が入ってくる重要な入り口です。

履くなくなった靴や要らなくなった靴を処分し、玄関に出す靴も一足か二足にして下駄箱に収納しておきます。

また靴はつま先を外へ向けて置くのが自然であり、そうすると出入りの気の流れがスムースになり、運の流れも良くなるでしょう。

こうして玄関をきちんと整理しておくことでますます良い運が入りやすくなりますよ。

まとめ

新しい靴をおろすタイミングについて紹介させていただきました。

日本には昔から色んなジンクスがあります。

昔にあった習慣から言われているだけと考えずに、
  • 活動的な運気に満ちた、午前中におろす
  • できれば、晴れた日におろす
  • 日も気にするなら、大安におろす
靴のおろすタイミングを考えることにより、良い運を得ることができ素敵な出逢いに繋がる縁ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク