あなたは厄年について、どのぐらいご存知でしょうか。

厄年は本人だけではなく、家族など周りの人へ影響するとも言われています。

今回は厄年で不幸&被害が降りかかるのを防ぐお祓いなどの対処法についてご紹介いたします。

厄年の年齢やその根拠

厄年には、一般的に悪い事が起きると言われています。

特に病気をしたと体調の変化を感じる人が多いです。

男性と女性で厄年の年齢は違いますが、体の変化が起きやすい年が厄年とされています。

男性の厄年の年齢は、25歳、42歳、61歳。
女性の厄年の年齢は、19歳、33歳、37歳。

また、

  • 男性は、42歳
  • 女性は、33歳

は、大厄と言われ、大きな災難に合う可能性がある年とされています。

人生の転機を迎える年であるため、環境や健康に大きな影響を与える年齢になるからです。

特に女性では、前厄の32歳~後厄34歳、前厄36歳~38歳と30代のほとんどが厄年に該当します。

女性は30代から結婚、出産や子育てが忙しかったりと人生の節目を迎え、30代から体調の変化が起きやすいため、気をつけた方がいいですね。

男性は、中高年になり会社での地位も高くなり、精神的にも肉体的にも疲労が見られる年齢が厄年になっています。

ちなみに、前厄とは本厄の前の年、後厄は本厄の後ろの年になります。

厄年で起こるとされていること

厄年に起こるとされていることは、

  • ケガ
  • 事故
  • 病気

などをしやすいと言われています。

また、前厄ではお金の損失や、盗難にあうなどお金に絡む事が多いので、大きな買い物をするのは避けた方がよいでしょう。

後厄は本厄が終わり気が抜けがちなので、我慢の時期です。

転職などは後厄が終わってからの方がいいですよ。

昔から、厄年には新しいことをしてはいけないと言われています。

そのため、引越しや結婚、転職や家の購入などの大きな買い物は、できるだけ厄年を避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

厄年は家族や周りの人へ影響する

厄年は家族や周りの人への影響があると聞いたことはありませんか?

厄年が周りの人に影響する根拠はありませんが、実際に身内に不幸が起きたり、身内事故にあっったりなど経験した人は多いです。

家族や周りに影響があったことは、

  • 父が癌になった。
  • 親が投資に失敗し、財産がなくなった。
  • 兄の結婚が破談になった。
  • 家族が事故にあい、手術した。
  • 飼っていた犬が病気になり、亡くなった。
  • 母がオレオレ詐欺の被害にあった。
  • 身内の不幸が続いた。
  • 車の運転中、脇道からぶつけられた。

厄年の本人に何も起こらなくても、身内に起こると辛くなりますよね。

その辛さも厄なのかもしれません。

私自身に起きたことでは、妹が厄年の時に良性の腫瘍ができ指の手術をしました。

また本人も自転車に乗っていた時に、信号無視の車にぶつけられひき逃げされましたが、奇跡的にアザができただけで大事には至りませんでした。

犯人はいまだ見つからず… 体が無事でよかったのですが、ひき逃げされたことにより警察に何度か足を運ぶことになり、大変だったようです。

厄年で家族など周りの人へ不幸&被害を防ぐお祓いなどの対処

本人にも家族などの周りにも影響が出やすいと言われる厄年のときに、「これをすると不幸を避けることができる」と言われている対処法があります。

  • 厄年になったら地域によって行われる風習
  • 長いものを身につける
  • 神社でお祓いをする

これらについて詳しく紹介していきます。

厄年になったら地域によって行われる風習

厄年になったら地域によって行われる風習があります。

  • 金沢の石浦神社では、お供えした鏡餅とお神酒をお参りした厄年の人が持ち帰り、近所や身内に配り厄を分担してもらう。
  • 長野県では、小正月の火祭りに厄年の人がみかんを投げて、拾った人に厄を分担してもらう。
  • 兵庫県宝塚市にある清澄寺では、前厄に本人が火箸をもらって帰り、厄年のあいだ自宅に祀り、後厄が過ぎてからお寺に奉納する。
  • 愛媛県では、神社の春祭りに行われる神楽料を厄年の人が負担する。

地域によって厄払いの方法は様々です。

厄が降りかからないように地域ごとに考えられた風習なのでしょうね。

長いものを身につける


厄年に長い物を身につけると、厄除けになると言われています。

なぜ長い物なのか。
それは、長い物は長寿を表しているからです。

厄年に病気ならないよう、長い物を身につけて長生きできるよう厄除けの意味がありますよ。

うろこ模様は蛇や龍を連想し、神様の使いともされていて縁起が良いのでうろこ模様の長い物は特に良いでしょう。

  • スカーフ
  • マフラー
  • ネックレス
  • ブレスレット

などのアクセサリーもいいですね。

旦那さんや両親、兄弟などの身内の方や、友達など知人の方、どなたからいただいても問題ありません。

自分で買った物でもいいですが、誰かからもらった物の方がありがたみがありますね。

私は母からスカーフをもらいました。

それほどスカーフの出番はなかったのですが、長い物をもらったからこれで少しは大丈夫かもしれないという安心感を得られましたよ(´▽`*)

神社でお祓いをする

厄年に神社でお祓いをしてもらう方は多いと思います。

厄払いは、災いや病を避けるために厄年にお祓いをします。

基本的には

  • 前厄
  • 本厄
  • 後厄

と、さらに翌年にお礼参りの4年間行くのが望ましいとされています。

神社に行き、受付で氏名、生年月日、住所を記入して初穂料を納めます。

金額は様々ですが、3,000円~10,000円が一般的になります。

私の場合は3年間お祓いをして、翌年にはお礼参りに行きました。

初穂料の金額は5,000円にしました。
同じく厄年で一緒に行った友人は3,000円でした。

人により様々です。ちなみに金額をその場で確かめられることはありませんでしたよ(^^)

厄払いをする期間

厄払いは節分までに行った方がいいと言いますが、決まりはありません。

ただ、1年の始まりに厄払いに行く方が多いので、節分までに済ませる方が多いんです。

このように厄年のときに家族などに周りの人に不運が行らないように対処する方法があります。

厄年を自分にも周りにも何事もなく過ごすために参考にされてください。

もしなにかあったとしても大事にならずに小難で済むことがありますよ。

また上記の対策の他に、

占いでも厄年の過ごし方をアドバイスしてもらえます。

とくに本厄のときの一年間はどのように過ごしたらいいのかわかるとその年を安心して過ごすことができるでしょう。

ちなみに私も占ってもらいました。

自分の運勢を見てもらい、自分だけの厄年に適した過ごし方を教わって日々の心づもりができましたよ(*^_^*)

占ってもらいたいと思われている方で電話占いというサービスが便利です。

電話占いとは、電話で占い師に相談できるサービスです。

電話が通じるところならどこにいても相談できるので利用する人が増えています。

業界NO.1の実績を持つ電話占い「ヴェルニ」とは?

電話を利用することでいつでも好きな時に相談できて、顔も見えないのでプライバシーも守られます。

  • 交通費をかけたくない
  • 対面占いは忙しくて行く暇がない!
  • なるべく早く占ってもらいたい
  • 確かな能力のある先生に占ってもらいたい

こんな方にオススメです。

たくさんある電話占いの中でオススメなのが電話占いヴェルニです。

電話占いヴェルニは、業界で最大手の老舗です。

全国の700人以上の占い師が在籍しており、登録している会員は18万人を超え他社を圧倒しています。

また「150項目による審査基準」の超難関のオーデションがあるのも有名で占い師は、

  • 透視
  • 霊視
  • 霊感

といった能力があり、全国から集結した実力派の占い師がたくさん集まっているのが特徴です。

また、初回で登録されたお客様なら最大で2,500円分の無料鑑定ができるので試しやすいですよ。

体験の記事【めっちゃ感動】電話占いで10年以上悩んでいた、離婚危機から救われた話
関連記事【電話占いヴェルニ】特に当たると評判のおすすめな占い師
関連記事【電話占いヴェルニ】復縁で当たるオススメの先生はこちら

公式サイト:創業15年 信頼と実績の電話占いヴェルニ

さいごに

厄年は誰にでもあるもので、避けられるものではありません。

しかし、意識することにより、不幸や不運は避けられると思います。

また体調の変化が起きやすい歳になるので、食生活や日常生活の見直しをすれば病気の予防にはなりますよね。

気にしすぎもよくありませんが、自分の生活を見直すいいきっかけになりますよ。

スポンサーリンク