メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

お一日参りとは?意味や起源がいつからで効果があるのか。参り方(作法)を紹介。

      2017/02/01


神社  画像
お一日参り(お朔日参り(ついたちまいり))という言葉は知っていますか?
なんだか聞いたことがある...と思われる方も多いでしょうか。

私の祖母が、昔から欠かさずにしていたのをふと思い出し、いったいどういう意味でどんなことをするのか気になりました。
詳細を調べてみることにしました。


スポンサーリンク



意味や起源がいつから


意味は、毎月一日(朔日)に、神社に参拝することです。

月の運行を基準とした太陰暦では
1日が新月。
15日が満月。

にあたります。

現在は、太陽暦で多少ずれることがあり、一日(新月)に合わせて参拝します。

古くから伝わる風習で、その地域ごとに色んな特色があるようです。


効果はどのようなものか


効果という言い方をしましたが、この一日参りは新しい月が始まる(たつ)一日に神社に参拝し、無事に過ごせた一か月の感謝と、新しい月の、無病息災・家内安全・商売繁盛・生業繁盛などを祈念します。

そして、また次の月の一日めがけて、神社に参り感謝とその月の祈念をしていけば、だんだんと効果も感じられるのではないでしょうか(*^^*)

月に一回、朝早く起きて神社の神聖な領域に入ります。
その清々しいを感じ、日々の生活の中で、曇ったり汚れてしまった心を、綺麗に洗い流し、また心新たにを神様に祈念します。

日頃から目に見えなくても、守って下さっている神様の導きに感謝をすることで、より一層人生が豊かになる気がしませんか。

人間は怠けてしまうもので、一日という目標を作り、神域を感じ、体や心をリフレッシュさせたいですね♪

神社  画像

伊勢神宮などでは盛んに行われている


伊勢神宮などの地域の一日には、毎月朔日朝市が行われており、朝の早い時間から大賑わいとなっています。
赤福本店の前には、朔日餅も買い求め長蛇の列ができます。

神社・仏閣に対する信仰の厚い伊勢ならではですね。

その日は、朝早くから礼服で装い、何十という神社を参拝する方も多いとか。

男性も女性も黒一色に身を包んで、山の中に点在する神社に参拝する姿は驚くばかりでした。

私の住んでる地域では見かけません。


スポンサーリンク



お参り(作法)の仕方


基本は、二礼二拍手一礼です。

お賽銭を入れて、2回お辞儀します。
2回手を叩く。
祈願の言葉を言う。
最後にもう一度、お時儀をして終わります。

祈願の言葉は心の中で言うより、小さな声で言葉に出す。
住所・名前も伝えると良いとされているので、忘れないように、付け加えたいですね!

1日と15日、月に2回行く信仰の熱心な方もいます。

どうしても一日に参れないようでしたら、二日でも月の始めのほうでしたら良いそうです。

祈る  画像

さいごに


何百年続いているであろう一日参り(朔日参り)の風習。

改めて調べてみたら、なんとも良い風習でしょうか。

忙しい現代で、一日参りをする時間もない方も多いと思いますが、目に見えない力、周りの支えてもらっている感謝を忘れない為にも見習いたい風習だと思いました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


▼関連記事です

水晶玉子の2017年,運勢占いが当たると口コミで評判に!?その理由とは

島田秀平の来年の運勢占い(2017)とは。誕生日で分かる数字占いが好評!

江原啓之の予言2017年のメッセージや内容とは。地震や戦争の予知は語られるのか。


スポンサーリンク


 - スピリチュアル, ライフ