六義園のしだれ桜は、都内でも屈指の名桜です。

桜の季節になるとメディアでもよく紹介されていますね。

見事に咲き誇るしだれ桜を目当てに六義園には長い行列ができます。

六義園しだれ桜の、見頃や開花情報を知る方法、ライトアップの詳細など紹介していきます。

スポンサーリンク

六義園とは

造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられています。

元禄8年五代将軍徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り山を築きました。

7年の歳月をかけて造り上げられたのが「回遊式築山泉水庭園」

庭園は、万葉集や古今和歌集に詠まれた、

  • 紀州の景勝地「和歌の浦」の景色
  • その周辺の景勝地
  • 中国の故事に因んだ景観

が映し出されているようです。

明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸に。

昭和13年に東京市に寄付され一般公開にされ、昭和28年に国の特別名勝に指定されました。

見どころはしだれ桜で、3月末に薄紅色の花を咲かせます。

流れ落ちる滝を彷彿させるその姿は圧巻です。

六義園しだれ桜について

しだれ桜は戦後に植えられたもので、樹齢約70年です。

六義園のシンボルであるしだれ桜は、

  • 高さ約15m
  • 幅は約20m

に及ぶ大木で「エドヒガン」という品種が変化したものです。

ソメイヨシノよりも1週間程度早く開花し、春の訪れを告げてくれます。

満開時には、桜の花が滝のように流れ落ち、人を引きつける魅力があります。

しだれ桜は薄紅色ですが、満開を過ぎて散り始める時期になると、白っぽくなります。

しだれ桜について

しだれ桜はエドヒガンの枝垂れ品種。

枝がやわらかく枝垂れる桜の総称として言われ、枝が長くその名の通りにしだれています。

エドヒガンは、彼岸ごろに花を咲かせることからこの名前がつき、樹齢2000年を超えるもあり、花が多く咲く特性あります。

しだれ桜の「撮影タイム」

しだれ桜には、「撮影タイム」が設けられています。

開園時間の15分前に係りの方の案内があります。

桜の木には近づかないよう指示があるので、9時までしだれ桜全体の撮影時間となるでしょう。

人も映り込まず、しだれ桜全体をゆっくり撮影することができます。

スポンサーリンク

六義園しだれ桜の開花情報を知る

開花情報の最新を知る方法を紹介していきます。

六義園のホームページ・Twitterで開花状況をチェックできます。

またライブカメラで知ることも。

映像をみることができる時間は、
9:00~17:00まで見ることができます。

ライトアップ期間中は21時までとなります。

六義園しだれ桜の見頃

六義園しだれ桜の見頃は、
毎年3月下旬から開花し、4月上旬にかけて見頃を迎えます。

2019年は、㋂20日頃には開花すると予想されています。

また、2018年の六義園しだれ桜の見頃は、3月24日でした。

2017年は、3月20日に開花し、30日頃に見頃になりました。