春の訪れをつげる梅。

寒い気候のなか見事に付けた赤やピンクや白の梅の花は、私達の気分を明るくさせてくれます。

そんな梅の名所として知られている、筑波山の梅林。

遠くは富士山やスカイツリーまで眺めることができます。

梅まつりに期間中はたくさんの方が訪れます。

  • 筑波山の梅祭り概要
  • 筑波山の梅林での混雑情報
  • 駐車場のオススメ

を紹介していきます。

スポンサーリンク


筑波山の梅まつり


筑波山の梅まつり概要

  • 開催期間:
  • 平成30年2月14日(水)~3月21日(水・祝)

  • 会場:
  • つくば市・筑波山梅林

  • 料金
  • 無料

  • 筑波山の梅まつりサイト
  • http://www.ibarakiguide.jp/


筑波山は茨城県つくば市にある山。

筑波山の梅林は山の中腹にあります。

梅の開花時期に合わせて行われるのが筑波山の梅まつりです。

筑波山の梅の総数は1000本

総数は1,000本ほどあり、

  • 白梅
  • 紅梅
  • 緑がく梅

と30種の梅があります。


木道やあずまやが整備され見学しやすく、筑波山と梅の見事なコントラストを楽しむことができるでしょう。

梅まつりの期間中には海にまつわる屋台もたくさん出ます。

この時期なのではの「梅」の味覚を楽しめます。

また梅まつりの期間中は、

  • 特設ステージでのイベント
  • ガマの油売り口上の披露
  • 甘酒、梅茶のサービス
  • お茶会の催し

などが毎年行われています。

筑波山の梅が見頃迎えるのは、2月下旬になってからです。

3月中旬を過ぎるまで楽しめることができるでしょう。

そしてこの見頃を迎える時に行われるのが梅まつり。

とても広い梅林に到着してしまえば混雑しないのですが、
駐車場がとても混雑します。

どのように混雑するのでしょうか。

スポンサーリンク


筑波山梅まつり2018!混雑状況

毎年約20万人の人出があり大変にぎわいます。

でも、会場内は広いので土日祝でも人ごみで動けないなんてことは無いようです。

問題は会場へ行きつくまで。

車で行く場合は、駐車場は早いときで10時には満車になる確率が高いです。

また、土日祝になると駐車場待ちに1、2時間は当たり前のようです。

途中の山道が渋滞で車が動かない、なんてこともあり得ますので事前に必ずトイレは済ませておきましょう。

子どもさんや高齢の方が行く場合は特に注意が必要ですね。

混雑する時期(ピークなど)

例年、梅の見ごろとなる3月上旬から下旬が混雑します。

そのなかでも土日祝、特にイベント開催日が1番のピーク。

毎年魅力的なイベントが行われており、評判がいいので混雑するのもわかりますね。

とくに混雑する場所

会場内が広いですので人出が分散され、会場内は特にここが混雑するというのは無いようです。

  • 会場までの山道
  • 駐車場

は時間帯によっては大混雑します。

空いている時間

梅祭りが始まってすぐの、
2月中旬から下旬までの間は桜が5分咲きほどでまだ見ごろとまでになっていないので、ピークに比べれば空いています。

また、
  • 平日
  • 天候が悪い

などのときは人出はやや少ないので多少は空いています。

空いている時間帯

時間帯としては土日祝でも午前9時まで、もしくは夕方17時以降になるとスムーズに動けるそうです。


混雑する原因

混雑する原因はまず、有名な梅の名所であることが全体的な理由でしょう。

日本百名山の1つにも選ばれています。

ですので梅まつり開催期間中以外でもGWなどの大型連休中は大変混雑します。

土日祝は誰でも仕事や学校が休みの方が多く行きやすいですよね。

梅祭り期間中は、梅が満開になる3月上旬以降がとくに混み合います。
  • ガマの油売りの口上
  • 梅の種飛ばし選手権

など梅まつりならではのイベントが有名で、多くの人が見に来るためでしょう。


スポンサーリンク


筑波山梅まつりの駐車場について


筑波山梅林周辺には、500台以上の有料駐車場が用意されています。

普通車は1回500円からですので、詳しくみていきましょう。

  • 台数が多く駐車できる
  • 筑波山梅林に近い

などを考慮して探してみました。

  • 臨時駐車場
  • 市営第一駐車場(地図上では、P1)
  • 市営第二駐車場(地図上では、P2)
  • 市営第三駐車場(地図上では、P3)
  • 市営第四駐車場(地図上では、P4)
  • 県営つつじヶ丘駐車場(地図上では、P)

臨時駐車場(地図上では、P1辺り)

  • 駐車台数不明
  • 普通車 1回500円、大型車 1回2000円

  • ※第一駐車場とほぼ同じ場所にあり、梅林に1番近い駐車場です。

    市営第一駐車場(地図上では、P1)

    • 駐車台数:普通車204台、大型車7台、身障者用6台
    • 普通車 1回500円、大型車 1回2000円

    ※梅林に1番近い駐車場です。

    市営第二駐車場(地図上では、P2)

    • 駐車台数:普通車8台、大型車4台、二輪車8台
    • 普通車 1回500円、大型車 1回2000円、二輪車 1回250円

    ※梅林に2番目に近い駐車場です。

    市営第三駐車場(地図上では、P3)

    • 駐車台数:普通車140台、大型車10台、身障者用2台
    • 普通車 1回500円、大型車 1回2000円

    ※梅林から少し離れていますが駐車台数が多いです。

    市営第四駐車場(地図上では、P4)

    • 駐車台数:普通車100台
    • 普通車 1回500円

    ※梅林に2番目に近い(第二駐車場とほぼ同じ距離)駐車場です。

    県営つつじヶ丘駐車場(地図上では、P)

    • 駐車台数:普通車388台、大型車12台、二輪車 一定区画内に駐車
    • 普通車 1回500円、大型車 1回2000円、二輪車 1回200円

    ※梅林からは距離がありますが、駐車台数が多いです。

    3月中の土日は、梅林会場まで無料シャトルバスが出ており、約10分程度かかります。

    他にも、筑波山梅林を中心に民間の駐車場が数多くあります。

    スポンサーリンク


    筑波山梅林へのアクセス情報


    車でのアクセス

    常盤自動車道の土浦北ICを下車し、つくば方面へ。

    国道125号線を経由し約20㎞です。

    北関東自動車道の桜川筑西ICをつくば方面へ。

    国道50号線と県道41号線を経由し約20㎞です。

    注意点

    時期や時間帯によっては渋滞があるので時間に余裕を持って行くか、電車・バスの利用をオススメします。

    筑波山は山全体が茨城県つくば市筑波1番地となっています。

    カーナビにて住所検索で行く場合、
    全く違う場所に到着してしまう場合がありますのでお気をつけ下さい。

    カーナビの住所検索の例

    • 市営駐車場に停める場合は、「筑波山神社」
    • つつじヶ丘駐車場(ロープウェイ側)に停める場合は、「筑波山京成ホテル」

    で検索すると良いそうです。


    また、筑波山の北側、八郷・石岡方面から行く場合は、ナビによっては
    極端に狭い道(県道42号)を指示される場合があります。

    筑波山の有料道路は全て無料開放されているおでそちらを通る方が行きやすいです。

    バスでのアクセス

    東京駅、水戸駅、茨城空港、成田空港、羽田空港、波崎…などから出ている高速バス、もしくは関東鉄道バスの路線バスにて「つくばセンター」行に乗り「つくばセンター」で下車。

    筑波山シャトルバスで約40分(片道大人720円)。

    「筑波山神社入口」下車し、徒歩約5分。

    ※シャトルバスではPASMO、Suica等ICカードは利用できません。

    ※シャトルバスは2月の土日祝・3月中は8時~15時30までのあいだ30分おきにつくばセンターを発車しているようです。
    (2月の平日は8時~15時まで1時間おき)

    電車でのアクセス

    つくばエクスプレス「つくば駅」で下車し、つくばセンターバスターミナルから筑波山シャトルバスで約40分(片道大人720円)。

    「筑波山神社入口」下車し、徒歩約5分。

    スポンサーリンク


    お得な乗車券

    つくば駅までの1往復+シャトルバスのチケットがセットになった
    「つくば山あるきっぷ」というお得なチケットがあります。

    特典協賛店にチケットを見せると多数特典も。

    例えば秋葉原駅からの利用であれば大人3,300円で、普通に乗車券を買うと3,820円になるので520円お得。

    ケーブルカーもセットになった「筑波山きっぷ」もあります。

    詳しくは、こちらの関東鉄道HPをご覧ください。

    つくば駅のスポット情報

    国や企業を合わせて約300の研究機関が立地している地域。

    日本最大の研究開発拠点、
    「科学の街つくば」として知られています。

    そして研究機関で働く外国人や海外生活経験者の多いこの街では、パン好きが多いです。

    ですので美味しいパン屋さんがたくさん。

    空き時間があればぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    筑波山梅まつりの混雑状況と、駐車場のオススメなどについて紹介してきました。

    • 筑波山の梅まつりの時期に梅が見頃を迎えはじめる
    • まつりの期間中は様々なイベントがある
    • 混雑の状況は、20万人の人出があり大変な賑わい
      • とくに駐車場が大混雑
      • 駐車場は早いときで10時には満車の確率が高い
      • 土日は待ち時間が1、2時間は当たり前

    • 梅の見ごろとなる3月上旬から下旬が混雑

    • 空いている時間は、2月中旬から下旬まで
      • 平日
      • 天候が悪い
      などのときは人出はやや少ないので多少は空いている。

    • 筑波山の梅林の駐車場で1番近いのが、臨時駐車場・市営第一駐車場
    • 1番遠い県営つつじヶ丘駐車場は、3月中の土日は、梅林会場まで無料シャトルバスが出ている。

    梅の名所ですので、見頃の時期は大変混雑します。

    とくにお車でのアクセスは気をつけ、広い会場内の色んな場所で梅を楽しまれて下さい。

    スポンサーリンク