東京ドームシティは、東京ドーム、東京ドームシティアトラクションズ、ラクーアなどの施設があります。

野球を観る、遊園地で遊ぶ、ラクーアでくつろぐことができ、年間約3500万人が訪れる人気の複合施設になります。

人気の東京ドームシティの混雑する原因や、各期間の混雑している状況などを紹介していきます。

スポンサーリンク


混雑する理由

東京ドームシティが混雑するには原因があります。

人気のわけを見ていきながら待ち時間も紹介していきます。

サンダードルフィン

最高傾斜80度、時速130kmで観覧車の中心をくぐり抜ける迫力満点のジェットコースター。

突然ありえない角度で急降下し、スリル満点。

アトラクションでは人気No.1で、混雑時には行列ができます。

夏休みなど連休の時は、50分程度の待ち時間となりますが、平日の空いている時では待ち時間なしで乗れることもありますよ。

ビッグ・オー

世界初のセンターレスの観覧車で、地上80mの高さから東京を見渡せます。

観覧車の中心をサンダードルフィンが猛スピードで潜り抜けます。

また、カラオケ搭載のゴンドラもありますよ。

人気トラクションの為、待ち時間は50分ぐらいなります。

ワンダードロップ

ゆったりと水と緑の世界を満喫し、高さ13mから水面にダイブします。

水しぶきを浴びてびしょびしょになりますよ。

こちらも人気がある為、待ち時間は40分ぐらいになります。

スーパーバイキング ソラブネ

空に飛びだすような勢いで急上昇し、その後急降下する見た目以上のスリルが味わえます。

一度に80名まで乗れるので待ち時間は比較的少なく、15分ぐらいになります。空いている時は待ち時間なしで乗れます。

ザ・ダイブ

沈没した海賊船の財宝探しの旅へ、3人乗りの探査ポットで、ロボットを撃ち倒しながら冒険をするアトラクション。

子供向けの為平日でも人気があり、待ち時間は最大で30分ぐらいになります。

アトラクションの待ち時間は、こちらのHPで確認できます。

スポンサーリンク


混雑が予想される期間

GW・夏休み・お盆・9月・春休み・土日祝や平日の混雑について調べてみました。

とくにGWや、夏休み、お盆は混雑が予想できますが、どのように混雑するなのでしょう。

GWの混雑予想

GWは、県外からもたくさんの人が訪れます。

車で来る人も多い為、駐車場や周辺道路も混雑します。

特にアトラクションやラクーアは人気がありますよ。

体験イベントやキャラクターショーなども多く開催されているので、イベント目当ての家族連れがたくさん訪れるでしょう。

イベントは10時~17時のものが多いので、夕方からは混雑が少なくなります。

夏休み・お盆の混雑予想

夏休みは、限定でウォーターパークを開催しており、小さな子供たちに大人気で大混雑します。

特にお盆は周辺ホテルも満室になり、県外からも多くの家族連れが訪れ大混雑します。

アクセスも良いので、公共交通機関も混雑するので、開園前に到着するように出発するのがおススメです。

0ヶ月の赤ちゃんから利用できる「アソボーノ」は混雑時には入場制限されます。入場待ちで待つこともあるので、たくさん遊びたい人は早めの到着、
ゆっくりでもいい人は午後からは比較的す空てくるので、午後からがおススメです。

レストランもお昼には行列ができるので、早めに済ませるか、用意してきた方がよいでしょう。

17時からのナイトパスポートも販売されているので、混雑を避けたい人にはおススメです。

昼間と違う景色を楽しめますよ。

春休みの混雑予想

春休みは、小中学生が多く混雑します。

平日は駐車場も混雑はしませんが、休日は混雑します。

アトラクションの待ち時間は最大でも30分程度となりますが、イベント開催日で混雑すると待ち時間は長くなります。

土日祝の混雑予想

土日祝は、特に土曜日が混雑します。

コンサートなどのイベントが平日よりも多く開催されるので混雑します。

また、野球の試合開催日は試合後に混雑する事がありますよ。

日中はイベントも多く混雑しますが、アトラクションは夕方から空いてきます。

平日の混雑予想

平日は、キッズコーナーは混雑することがありますが、他は混雑は少なく待ち時間もほとんどありません。

しかし、お昼は子供連れの家族が多いので、レストランは混雑します。

15時ぐらいまではキッズコーナーもたくさん人がいますが、夕方以降は空いてきますよ。

スポンサーリンク


混雑するときの対処法

混雑時には、人気アトラクション以外にも混み合います。

駐車場やチケット売り場など、それぞれに対処法を知って混雑を回避できる箇所はしてみましょう。

駐車場について

駐車場は周辺に700台弱ありますが、東京ドームシティ利用者以外も利用するので休日は混雑します。

お昼前には満車になることが多く、駐車場待ちの渋滞になります。

車で行く人は、なるべく早めに到着した方がよいでしょう。

できれば、公共交通機関の利用をおススメします。

チケット

チケット窓口は、平日は空いていますが、休日は長い列ができ混雑します。

待ち時間は最大で20分程度ですが、なるべく早めに到着した方がよいでしょう。

アトラクションの狙い方

アトラクションは、人気のものは60分前後の待ち時間になることがあります。

人気アトラクションは、開園直後か16時以降だと待ち時間が比較的少ないのでおススメです。

レストラン

レストランは、フードコートが人気があり、お昼になると大混雑します。

できれば11時頃の早めのランチをおススメします。

一部飲食不可エリアはありますが、持込可能なので事前に用意しておくと混雑は避けられますよ。


戦隊ヒーローやキャラクターショーが開催される日は、家族連れで大混雑になります。

イベント目的で訪れる人も多いので、混雑を避けたい人は事前にイベント情報を調べておきましょう。

まとめ

【混雑するスポット】
サンダードルフィンはアトラクション人気No.1で、混雑時には行列ができ、50分程度の待ち時間となる

ビッグ・オーは世界初のセンターレスの観覧車で、人気トラクションの為待ち時間は50分ぐらいなる

ワンダードロップは、高さ13mから水面にダイブするアトラクションで、待ち時間は40分ぐらいになる

スーパーバイキング ソラブネは、急上昇した後急降下するアトラクションで、待ち時間は15分ぐらいになる

ザ・ダイブは、ロボットを撃ち倒しながら冒険をするアトラクションで、平日でも人気があり待ち時間は最大で30分ぐらいになる


【混雑が予想される期間】
GWは、県外からもたくさんの人が訪れ、車で来る人も多い為駐車場や周辺道路も混雑する

夏休みは、限定でウォーターパークを開催しており大人気

春休みは、小中学生が多くアトラクションの待ち時間は最大でも30分程度となる

土日祝は、イベントが平日よりも多く開催されるので混雑するが、アトラクションは夕方から空いてくる

平日は、キッズコーナーは混雑することがあるが、他は混雑は少なく待ち時間もほとんどない

【混雑するときの対処法】
駐車場は東京ドームシティ利用者以外も利用するので休日は混雑するので、早めに到着した方がよい

チケット窓口は、休日は長い列ができ混雑し待ち時間は最大で20分程度。なるべく早めに到着した方がよい

アトラクションは、人気のものは60分前後の待ち時間になるが、開園直後か16時以降だと待ち時間が比較的少ない

レストランは、フードコートが人気があり、お昼になると大混雑するので、早めのランチがおススメ

戦隊ヒーローやキャラクターショーが開催される日は、家族連れで大混雑になる

東京ドームシティは、乗り物に乗るにはチケットが必要ですが、園内は無料で入ることができます。

無料で水遊びができる場所もあり、平日でもお天気の日などは子供連れが多く、混雑することもありますよ。

アトラクション以外にも、いろいろ楽しめる東京東京ドームシティ。

家族みんなで遊びに行く時の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク