2016年夏に放送されたダイハツキャストにCMで鹿児島県の『タツノオトシゴハウス』が登場して、一躍注目されたタツノオトシゴ(竜の落とし子)

一見気持ち悪いとも思いつつ、なんとも言えない神秘的な生態に惹きつけられます。

そんな、タツノオトシゴが縁結びの良いとか!

なぜ、縁結びに良いのかリサーチした結果、他にもご利益がたくさんありました(^^)/


スポンサーリンク



タツノオトシゴ(竜の落とし子)について


まず、タツノオトシゴについて簡単にご紹介します。

タツノオトシゴはの仲間です。
成長すると種類にもよりますが、全長1.4cm~35cmにもなります。
肉食性で、激しい吸引音を立てて摂食します。

竜や馬に外見が似ていることから、タツノオトシゴや、ウミウマ(海馬)、カイバ(海馬)、リュウノコマ(竜の駒)など各地で別名で呼ばれている。

生息地は世界各地。(北海道南部から南部の緯度に生息)

中国では海馬と呼ばれ、漢方薬として珍重されている。

鑑賞用としても人気ですが、食べたりもできるんですね。それもとても栄養があるんだとか。
一度は食べてみたいです( ̄▽ ̄)


スポンサーリンク



タツノオトシゴの由来や効果


古くからタツノオトシゴは縁起の良いものとしてお守りに使われてきました。
なぜかというと生涯夫婦を変えずに、何度も出産し、一度に1000匹も出産することからです。

竜のような形を持ち、オスが子供を身篭り、安産で子だくさん、そして夫婦円満…。
そんなタツノオトシゴは、あなたに五つの吉祥をもたらす幸せのシンボルなのです。

幸運:タツノオトシゴは昇竜を連想させるその姿から古来より幸運のシンボルです。

縁結び・夫婦円満: タツノオトシゴはお目当てのパートナーを見付けるとプロポーズし、やがて情熱的なダンスを踊ります。お母さんが産む卵をお父さんが受け取り育てるという共同作業を行う姿は、縁結びと夫婦円満のシンボルです。

安産:タツノオトシゴはお母さんから預かった卵をお父さんが大事に育てて赤ちゃんを出産します。お母さんが安心して子供を授かれる安産のシンボルです。

子宝:タツノオトシゴは同じカップルが幾度と出産を行い、また一度に千匹以上の赤ちゃんを出産することもあります。子宝家族のシンボルです。

健康:タツノオトシゴは健康増進の特効薬として古来より漢方薬や薬膳料理に用いられています。健康成就のシンボルです。


このように様々な効果が古くより言われてきました。

そんな縁起物でしたら、どこで手に入れることができるのか気になりますよね。


購入できる店舗や通販

通販では、
こちらのサイトから購入できます。
1000円から購入できます。


◆amazon
タツノオトシゴのお守り一覧ページです。


◆Yahoo
タツノオトシゴのお守り一覧ページです。

直接購入するには、
鹿児島県にある最初に紹介したCMでもでていたタツノオトシゴハウスから購入できます。

タツノオトシゴ お守り  画像 出典:http://guide.travel.co.jp



たくさんの種類があり迷ってしまいそうですね(*”ω”*)

皆さんのもとに効果が発揮されますように☆彡

最後までお読みいただきましてありがとうございました(^^)


スポンサーリンク