須磨海浜水族園には約600種類、13,000点の生き物が展示されており、特に淡水魚の展示が多く、マニアには人気となっています。

地元の方々に愛され、「スマスイ」と呼ばれていますよ。

16年ぶりにスマスイで産まれたバンドウイルカのロクマルが、3月にイルカライブにデビューし、ショーを見にたくさんの人が訪れています。

今回は須磨海浜水族園の混雑する原因や、各期間の混雑している状況などを紹介していきます。

スポンサーリンク


須磨海浜水族園が混雑する理由

須磨海浜水族園が混雑するには理由があると思います。どのようなことが人気なのでしょうか。

その理由として考えられる代表的なものを紹介していきます。

入園料が他の水族館と比べて安い

スマスイの入園料は、
おとな1,300円、中人800円、小人500円です。

海遊館は大人2,300円、子ども1,200円で、断然スマスイの方がお得ですよね。

入園料は安くても、子供から大人まで楽しめます。

アクセスが良い

スマスイは、最寄駅の「須磨海浜公園」から徒歩5分と、公共交通機関を利用してもとても便利です。

車では、

・大阪方面は、阪神高速3号神戸線「若宮IC」降りてすぐ

・姫路・岡山方面は、 第2神明道路「須磨IC」南へ5分

と、高速降りてすぐです。

専用の駐車場はありませんが、須磨海浜公園駐車場が1,090台(夏季1,800台)あります。

体験プログラムがたくさんある

有料となりますが、イルカやアザラシにタッチしたり、餌をあげたりする事ができ、子ども達に大人気です。

当日参加券は先着順となっているので、希望される方は早めにチケット販売ブース(本館1階インフォメーション奥)での購入をオススメします。

事前に予約もできますよ。

平日と土日祝で開催時間が変わりますので、詳細につきましてはこちらのページを参考にしてくださいね。

水族園以外の楽しみがある

スマスイの目の前には、白砂青松の美しい須磨海岸が広がっています。

スマスイを楽しんだあと、海岸で綺麗な夕陽が見れますよ。

また、遊園地もあるので、アトラクションを楽しむ事もできます。(別途料金が必要)

詳細はこちらのページからご確認ください。

イルカショー

スマスイでは、「イルカライブ」がとても人気があります。

16年ぶりにスマスイで産まれたバンドウイルカの「ロクマル」も3月からイルカライブに参加していますよ。

まだまだ体も小さく、お母さんイルカのような高いジャンプはできませんが、頑張っている姿が可愛らしく人気者です。

イルカライブの詳細はこちらのページを参考にしてくださいね。

混雑が予想される期間

須磨海浜水族園は、混雑が予想される期間があります。

長期連休の、GW・夏休み・お盆・春休みや、土日祝の混雑について調べてみました。

またイルカショーの混雑具合も紹介していきます。

GWの混雑予想

GW期間は、家族連れが多く大変混雑します。

水族園に入るまで10分程度かかり、チケットを購入するのに、30~40分かかる事もあります。

有料体験の当日券は大行列ができ、11時ごろには売り切れになってしまいます。

11時ごろからイベントが始まるので、混雑は激しくなるでしょう。

イルカライブは開始1時間前でも、良い席は埋まってしまい開始30分前でも立ち見の可能性があります。

夏休み・お盆の混雑予想

夏休み・お盆の期間は、駐車場がとても混雑します。

スマスイ利用者だけではなく、海水浴の方も利用する為駐車場の混雑は避けられません。

車で来る方は早めに到着した方がよいでしょう。

スマスイは、GWほどの混雑はないようですが、イベント開催時間にはたくさんの人が集まり混雑します。

イルカライブは人気がある為、開始30分前でも立ち見になってしまいます。

また、イルカライブは屋外の為、暑さ対策もしっかりした方がいいでしょう。

夏期は夜間も開園しており、昼間よりは空いていておススメです。

営業時間はこちらのカレンダーを参考にしてください。

春休みの混雑予想

春休み期間は、GWや夏休みのような混雑はありませんが、平日よりは混雑します。

しかし人がすごくて、見ることができないような事はないですよ。

イルカライブは人気があるので、30分前には席を確保した方がよいでしょう。

土日祝の混雑予想

土日祝は、地元の方もたくさん訪れるので、混雑します。

イルカライブは、立ち見が出るほど混雑しますので、座ってじっくり見たい方は早めの席取りをおすすめします。

午前中は混雑しますが、午後15時を過ぎるとイベントも少なくなり、混雑も少なくなります。

スポンサーリンク


混雑するときの対処法

混雑時には、人気のコーナーの他にも、駐車場やチケット売り場なども混み合います。

それぞれの対処法を知って混雑を回避する参考にしてみてください。

・駐車場
・チケット売り場
・オススメの周り方
・レストラン

を紹介していきます。

駐車場

須磨海浜水族園の専用の駐車場はありませんが、須磨海浜公園駐車場が1,090台(夏季1,800台)あります。

連休には、駐車場の出入り口付近で混雑していて渋滞してる事も多いです。

お昼前には満車になってしまうこともあるので、早めの到着をオススメします。

近くて便利なのは第2駐車場ですが、駐車台数が少なくすぐ満車になってしまいます。

7・8月を除く平日に一日中楽しむなら、第1駐車場の方が駐車料金の上限が700円とお得ですよ。(2018.6月現在)

詳しくはこちらのページの下部よりご確認ください。

チケット

連休時には大行列になりチケット購入まで、30~40分かかります。

10時頃から行列になりますので、開園直後9時過ぎまでには購入できるように到着すれば、混雑は避けられます。

オススメの周り方

イベントが始まる11時ごろから混雑が始まるので、開園直後にお目当ての物を見ておくと混雑は避けられます。

また、イベント開催時間は多くの人がイベントに集まる為、空いている場所もあるので狙い目ですよ。

レストラン・売店

12時前になると、レストラン、売店ともには混雑が始まります。

特に売店は30分以上並びます。

早めですが11時ぐらいにランチにすると、混雑は避けられますよ。

持ち込む事可能なので、事前に用意しておくとよいでしょう。

館内での飲食は禁止されているので、「お弁当広場」で食べるようにしてくださいね。

まとめ

混雑が予想される期間は、

・GW期間は、家族連れが多く大変混雑し、チケット購入まで30~40分かかる事もある
11時ごろからイベントが始まるので、混雑は激しくなる

・夏休み期間は、海水浴の方も利用する為駐車場が混雑する
夏期は夜間も開園しており、昼間よりは空いていておススメ

・春休み期間は、平日よりは混雑するが人がすごくて見ることができないような事はない
イルカライブは人気があり、30分前には席を確保した方がよい

・土日祝は、地元の方もたくさん訪れるので混雑する
午前中は混雑するが、午後15時を過ぎると混雑も少なくなる

混雑するときの対処法は、

・連休時の駐車場は、出入り口付近で混雑していて渋滞してる事ある
お昼前には満車になってしまうので、早めの到着がオススメ

・チケット売場は、連休時には大行列になりチケット購入まで、30~40分かかる
開園直後に購入できるように到着したほうがよい

・オススメの周り方は、開園直後か、イベント開催時間にイベント以外を見に行くと空いている

・12時前になると、レストラン、売店ともには混雑が始まり、売店は30分以上並ぶ
早めの11時ぐらいにランチにするか、事前に用意しておくとよい

いかがでしたか?地元の人たちに愛されているスマスイ。

入園料も高くないので、気軽に行く人も多いですよ。

3月にショーデビューをした、まだまだ小さなロクマル。

子供のころは今しか見ることができないので、ロクマルに会いに行ってみませんか?

スポンサーリンク