突然の停電は本当に焦ります。

そんなとき冷蔵庫や冷凍庫の中身はどのくらい持つのでしょうか。

これはぜひ知っておきたいですね!

停電になった時に対処できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク


停電はどんな場合になるのか

では停電はどのような時に起こりやすいのでしょうか。

まず停電の原因は、送電線からの電気が途絶えてしまった場合に起こります。

どのご家庭も必ず送電線から電気の供給を使用しているので、停電してしまうんですね。

電気が途絶える原因は

  • 落雷
  • 積雪
  • 大雨
  • ゲリラ豪雨
  • 台風
  • 電気会社が供給できる電気の容量を超えてしまう
  • 何かの工事に都合

といった主に自然災害が特に多いです。

停電してから復旧までの時間

停電してから復旧までの時間どのくらいかかるのでしょう。

発電所の故障の場合の復旧時間

発電所の故障の場合は、大規模な発電所の故障がない限り、長時間の停電はありません。

他の発電所の増電、他電力会社からの救済電力により復旧されます。

停電の継続時間は、一般的に最小1分~最大2時間程度です。

変電所の故障の場合の復旧時間

変電所の故障の場合は、当該変電所から給電されている需要家は全て停電します。

この場合は他の変電所からの切替が完了するまで停電が続きます。

停電の継続時間は、最小1分~最大2時間程度です。

送電線及び開閉所の故障の場合の復旧時間

送電線及び開閉所の故障の場合は、大電力発電所からの系統が故障しない限り1分程度で復旧します。

但し、末端の送電線が断線した場合は復旧時間が長くなり、時間は故障現場で異なります。

開閉所の故障が一部場合はほとんど影響はない見込みですが大規模になると、やはり停電の継続時間は、最小1分~最大2時間程度です。

配電線の故障が最短又は最長の停電時間となるでしょう。

いずれにしても停電の原因により時間は異なります。

電力会社の人が復旧に向けて頑張ってくれているので待ちましょう。

スポンサーリンク


停電の冷蔵庫・冷凍庫の中身は何時間もつ

では気になる冷蔵庫・冷凍庫の中身はどのくらい持つのでしょう。

季節によって変わってきますが

冷蔵庫2~3時間

冷凍庫4時間~

あくまで扉を開け閉めしないでおくことが条件です。

開け閉めしてしまうと中の温度は上昇し、傷みやすくなります。

もし開ける場合は何を取るのか決めて素早く取りましょう。

停電が復旧したとき

気になる乳製品や卵などあるときは、あきらめて処分しましょう。

他にもあなたがこれはちょっと抵抗あるなと思ったものは潔く処分することをオススメします。

冷凍庫の中のものも少し溶けかかっていたら再冷凍せず、熱を加えて食べましょう。

完全に溶けてしまっているものは、処分したほうがいいでしょう。

停電した時の冷蔵庫・冷凍庫の中身を保つ対策

なるべく中身を保つ対策として
  • 冷蔵庫は冷気の循環がしやすいようにする
  • 普段からぎゅうぎゅうにつめ過ぎず、冷気が循環するようにしておきましょう。

  • 冷凍庫は、程よく中身を詰めておく

  • すかすかよりある程度食品を入れておいたほうが、隣りの物同士が保冷材の役割をして冷気が逃げにくいです。

  • どちらともなるべく開閉しない
  • 開封が多くなると、貴重な冷気が出てしまいます。

などに気をつけましょう。

日頃から停電時に備え用意しておきたいもの

保冷材・ペットボトル

保冷剤やペットボトルに水を入れたものを凍らせておきます。

凍らせているものがあると停電と同時に冷蔵庫に入れれば、保冷効果があるので冷蔵庫の中身が長持ちしやすいです。

冷蔵庫、冷凍庫のメンテナンスを定期的に行う

冷蔵庫、冷凍庫のメンテナンスを定期的にしましょう。

汚れがあって冷蔵庫や冷凍庫が完全に密閉されない状態になると、冷気も逃げてしまうので日頃からキレイにしておきましょう。

まとめ

停電の時の冷蔵庫・冷凍庫について調べました。
  • 停電は、自然災害が主に原因

  • 停電から復旧までの時間は原因によって異なるが、大体1分~最大2時間

  • 冷蔵庫、冷凍庫の中身は
    冷蔵庫 2~3時間
    冷蔵庫 4時間~

  • 保冷効果を長く保つには
    冷蔵庫は冷気が循環するようにしておく
    冷凍庫は、ある程度物を入れておく
    開閉をなるべくしない

  • 停電時に対処するため「保冷剤や水などを凍らせておく、メンテナンス」をしておくこと

停電はできれば避けたいですが、もしなった時のために日頃から対策を考えておきましょう。

スポンサーリンク