メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

侠飯(おとこめし)出演見送りの高畑裕太の代役は誰?撮り直しで打ち切り回避

      2016/08/29


高畑裕太  画像

出典:http://m.sponichi.co.jp


2016年8月23日未明に、強姦致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者(22)が出演していたドラマ「侠飯~おとこめし~」(金曜深夜0時12分)について、今後の出演を見送り、撮り直しやカットを行うと発表されました。

スポンサーリンク

強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者ですが、最近の活躍ぶりは凄かったですね。
俳優としてドラマも何本も出演され映画にも出演されていました。
バラエティも多数出演されて、それだけ人気俳優だけあり、今回の事件はとても残念です。

母親の高畑淳子さんも、裕太は自宅に帰ったら、倒れ込むようにソファで眠ってします。と、とても息子を心配されていました。

親なら心配するでしょうが、その心配は世間の思う心配ではなかったんですね。

にわかに、発達障害があるのでは?といわれていましたのでその点もとても心配だったのでしょう。


侠飯(おとこめし)出演を見送り


俳優・高畑裕太容疑者が出演していた、テレビ東京のドラマ「侠飯~おとこめし~」(金曜深夜0時12分)が撮り直しが行わることになりました。
 高畑容疑者は主人公・柳刃(生瀬勝久)が居候する大学生(柄本時生)の同級生役でした。
この役がいなくなってしまったのです。
「信頼できる監督のもと良い作品を作るために全力投球していきます」と役作りにも真面目に取り組んでいたようですが、今回の事件を起こしてしまいました。

逮捕された容疑が強姦致傷でしたので、この女性に対する容疑の逮捕となると世間の目はとても厳しいです。
実刑判決にもなる重い容疑ですし、この先の芸能界復帰は難しいとも言われているほどです。

「最近の性犯罪の量刑は重くなることが多く、被害女性側との示談が成立しなかった場合は実刑になる可能性が極めて高い。また強姦致傷罪は求刑通りの判決が出ることが多く、被害女性との話し合い次第ではあるが4、5年の実刑が妥当。裁判員裁判制度ができてから特に量刑が厳しくなっており、執行猶予が付くとは考えにくい。」


世間の声は、打ち切り?との声も出ていましたが、打ち切りはスポンサーなどに多大なる迷惑がかかります。

それを回避するための撮り直しやカットになったみたいですね。
ここまで第5話まで放送されています。
26日に第6話が放送予定だが、すでに全話が撮影終了していたようですね。

収録ずみの高畑容疑者の出演シーンについては、代役を立てず、すべてカットし放送するということです。
出演カットの影響でつながらない場合は、撮り直しを行い最終回は9月中旬から9月末の予定。

共演者の皆さんはたまったもんじゃないでしょう。





スポンサーリンク

他にも影響大

高畑容疑者が逮捕されてから
27日午後9時頃から日本テレビ系「24時間テレビ」内で放送予定のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生」(NEWS・加藤シゲアキ主演)も、代役を立てて撮り直しが決まっている。放送まで4日しかない時点での撮り直しは前代未聞ともいうべき異例の対応。

また、10月に母・高畑淳子と“親子共演”が決まっており、すでに1度収録を終えていたNHKの大河ドラマ「真田丸」も高畑容疑者の収録ずみの部分をお蔵入りにし、あらたに代役をたてて撮り直しすることが発表されている。

ドラマはバラエティーとは違い、編集で出演シーンをカットするなどの対応が不可能なため、“お蔵入り”を回避するには、“撮り直し”しか方法がない。

など、多大なる影響が出ています。

なんで我慢できなかったのか!?

その時にことしか頭になかったんでしょうね。

高畑裕太容疑者は身長が181cmあります。
それにあの体格の良さです。

襲われたらとても力では敵いません。

さいごに

こういう事件って本当に最近は多いです。

忙しすぎて、ストレスも溜まっていたかもしれませんが、越えてはならない一線を越えてしまい、被害者の方を深い傷を負わしてしまったのをはじめ、周囲にとても迷惑をかけています。

今後どうように償っていくのでしょうか。




スポンサーリンク


 - エンタメ