神社にお参りをしたときにはおみくじを引くことはよくあります。

そのおみくじが「大吉」だった場合には、どう対処すればいいのでしょうか。

大吉が出て嬉しい反面、迷いますよね。

おみくじの「大吉」は結んだ方がいいのか、持ち帰ったの方がいいのかなどを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


おみくじ「大吉」は持ち帰る?結ぶ?

おみくじ「大吉」は、持ち帰るか結ぶかは、各神社・お寺によって見解が違い、特に決まっていないようです。

良いおみくじの時は嫌なことがあったり、失敗した時に見返せるように。

悪いおみくじが出た時には戒めの為に持ち帰る人もいるようです。

神様からのメッセージなので雑に扱わなければ、結んでも持ち帰ってもどちらでもいいようです。

「おみくじを結ぶ」と言われてる理由



木に結ぶという行為自体に意味があり、これは神様と縁を結ぶとされています。

「木には神や精霊が宿るとされ、その生命力の高さにあやかり願い事がしっかりと結ばれるように」

という意味があるようです。
 
おみくじを結ぶ場所

専用の結ぶ場所を設けている神社・お寺が多くなっています。
おみくじをたくさん結びつけると、木の生育を妨げてしまうので専用の場所に結びましょう。


おみくじの出方で結ぶ意味は異なる

良いおみくじが出た時は、

「書かれていることが無事に叶うように」

と願いを込めて、仏様のご加護をお願いするという意味があります。

または、一度持ち帰り、後日御礼をしてから境内へ結ぶという人もいるようです。

悪いおみくじが出た時は、

利き手ではない方の手だけで結ぶことによって、それが修行になり「凶が転じて吉となる」と言われています。

また、「寺社に凶の運気をとどめて神仏の加護を願う」という考えもあります。

悪い運勢を持ち帰らず、良い運勢へと修正するという意味で結ばれています。

おみくじの正しい結び方

おみくじの正しい結び方は、おみくじをひねったり、縦結びにならないように結びましょう。

縦結びは死者の装束にも使われる結び方で、神様に対して失礼にあたるそうです。

また、木の枝に結ぶのはNGとされている神社やお寺が多いです。

結ぶときに破れると非常に縁起が悪いので、破れないように結びましょう。

コツは、

  • 結ぶ前におみくじを軽くもむ
  • 折り目をつけておく

などをすると結びやすいです。

スポンサーリンク


「おみくじを持ち帰る」言われてる理由


「おみくじを持ち帰る」言われてる理由は、書かれた内容を今後の生活指針としていくことが大事なこととされています。

ですので、たとえ凶であっても内容をじっくり読み、その教えをもとに方向転換させていけば、必ず良い道が開けていく。

という神様からのアドバイスがおみくじ本来の役割であります。

そのため、持ち帰る方が多いようですね。

持ち帰った場合の保管法

持ち帰った場合の保管法は、

  • おみくじに書かれていることが良い意味でしたらお守りに。

  • 悪い意味でしたら自分への戒めとしてお財布に。

こういったように身につけて持ち歩くのが本来の形と言われており、ふとしたときに読み返すと良いでしょう。

神様からの大事なアドバイスなので、粗末に扱うことのないよう気をつけ、神棚に置いておくのが良いです。

もし神棚ない場合には、立った目線より上の位置におきましょう。

手放すタイミングはいつなのか

お札やお守りと同様に、有効期限はおおよそ1年とされています。

長くても1年を目安に寺社などに返納し、これまでの導きに感謝した方がいいですね。

必要なくなった時は、感謝の意を込めて神社に収めます。

このときには、おみくじを引いた神社じゃなくても良いです。

返納時の方法

そして返納時は、

  • 半紙などに包む
  • ティッシュに包む

などをして、おみくじをむき出しにならないようにして返納場所へ返します。


スポンサーリンク


おみくじの大吉は本当は良くない?


おみくじで大吉が出ると、本当は良くないと思われる方がいます。

それはいったいどうしてなのでしょうか。

おみくじは大吉の順位が1番よいのですが、

  • 「大吉が出たからと言って努力しないと悪い方向に進む」
  • 「大吉で今が最も良いなら、これからは下がっていくだけ」

という意味があります。

こういった良い運気なら後は下がるだけと言った理由から良くないと思われる方が多いのでしょう。

また、

  • 厳しい戒めの言葉
  • 注意するベき事

が書かれている事が多いです。

ですのでその結果を真剣にとらえ、他の部分が良い結果だからといって、気を抜いてしまうことがないようにしましょう。

大吉が出ても怠けずに自分のするべき事をしっかりするという戒めととらえます。

気を抜いて努力をしなければ運気は下がっていくのは当たり前ですからね。

まとめ

おみくじ「大吉」は持ち帰るか、結ぶかについて紹介していきました。
  • おみくじを「持ち帰る」か「結ぶ」かは、特に決まりはない
  • お札やお守りと同様に神様の魂が込められており、大切に扱い、大吉の運を逃さないように心がける
  • 結ぶ時には、
    • 良い結果のおみくし゛は「おみくし゛通りの運勢になるようお願いする」
    • 悪い結果のおみくし゛は「運気上昇への助力をお願いする」と良い

  • 指定場所へ結ぶようにし、破れないように丁寧に扱い、縦結びにならないようにする

  • 持ち帰る時は、「時々見返し、自分への戒めとアト゛ハ゛イスにする」気持ちを大切に
  • 結果の良し悪しに関わらず、運気を良い方向へと導くよう雑に扱わず、神棚に置いたりお財布に入れたり、大切に扱う
  • 大吉が出た時には、気を抜かず、怠けないように努力する

おみくじで大吉が出たさいには参考にされて下さい。

スポンサーリンク

関連記事一覧です