肌寒くなったら焼き芋が食べたくなってきませんか。

そんな焼き芋は自宅で美味しく作ることができるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

どの自宅にでもあるオーブントースターを活用した「焼き芋」のレシピを紹介していきます。

スポンサーリンク


焼き芋をオーブントースターで作る温度・時間


焼き芋をオーブントースターで作る際の温度や時間について、様々な温度と時間から紹介していきます。

温度:160度

  1. オーブントースターの温度は、160度で片面20分ずつ焼く
  2. 芋の大きさによって若干は調理時間が変わります。
  3. 竹串で刺して焼き芋の内側にまで火が通っているか確認が必要

※ 温度調節の出来ない場合は、サツマイモを濡れた新聞紙にくるんでからアルミホイルを巻いてから焼きましょう


温度:180~200度

  1. オーブントースターの温度は、180~200度で片面20分ずつ焼く
  2. 温度はあまり高くしすぎないのがコツ
  3. 加熱後すぐにトースターから出さずに、そのまま冷めるまで置いておくのがおススメ


温度:160度

  1. 温度は、160度で15分焼く
  2. その後、15分放置
  3. 裏返して160度で15分
  4. 再度15分放置

※ 加熱後の放置により、余熱で火が入ります。また、温度の上がりすぎを抑えることができる


なぜ、温度が上がりすぎを抑えなくてはいけないのでしょうか?

サツマイモには、もっとも甘く感じられる適した>内部温度があったのです。

タイトル

参照記事:焼き芋の作り方!レンジで人気の簡単調理法は解凍モード・新聞紙を使用しよう

「サツマイモの調理は内部温度がポイント」の箇所をご覧下さい。


トースターで美味しい焼き芋ができる理由

電子レンジは一定の出力で食材を温めるので、温めすぎになることがありますが、トースターは低価格の物でもサーモスタットが付いているので温めすぎになりません。

一定の温度をキープしやすいので、トースターの方が美味しい焼き芋を作りやすいと言えます。

  • しっとりとした焼き芋は、アルミホイルを使用した方が良い。(焼き芋用のアルミホイルもある)

  • ほくほくした焼き芋は、アルミホイルを巻かずに焼くと良い。(香ばしい風味になる)

甘い焼き芋は、温度管理が決めてなのでしっかりと確認しましょう。

オーブントースターの人気レシピ


美味しい焼き芋を作りやすい、オーブントースターを使用した人気レシピを集めてみました。

レシピ:1

  1. オーブントースターに、サツマイモをそのまま入れ、180度で20分加熱する
  2. サツマイモを裏返し、さらに180度で20分加熱したらできあがり


レシピ:2

  1. サツマイモを洗い、濡らした新聞紙で芋を包み、さらにアルミホイルで包む
  2. トースターに入れ、10~15分加熱。その後、10分ぐらいそのまま放置
  3. さらに(2)を2回繰り返して完成


レシピ:3

  1. サツマイモをよく洗う。そのままオーブントースターにのせて15分焼く
  2. 裏に返し、さらに15分焼く
  3. よく焼くと皮がパンパンに張って、皮から身から離れて空洞ができる
  4. そのまま余熱で焼くとさらに美味しくなる


レシピ:4

  1. サツマイモをよく洗い、そのままオーブントースターにのせて10分焼く
  2. 裏返し、さらに10分焼く
  3. 竹串で火通りを確認したら完成

※ サツマイモは湿ったまま焼くのがコツです。蒸気の力でしっとりした仕上がりになります。


レシピ:5

  1. サツマイモをよく洗う
  2. そのままオーブントースターにのせて30~40分焼く

※ アルミホイルを巻くと熱が回りにくくなるので、何も手を加えずそのまま焼くだけの方がおいしくできます


サツマイモのレシピのポイント

サツマイモを作る際の美味しく作るポイントを集めてみました。

取り入れらる方法があると、より一層美味しい焼き芋ができるでしょう。

  • 時間をかけてじっくり焼き上げるのがポイント

  • 加熱後、サツマイモの温度を60~70度に長く保つことで、でんぷんの分解が進み、甘みが増す

  • アルミホイルはくしゃくしゃにしてから広げて巻くと、細かい凸凹が石焼芋の石の役割になる

  • サツマイモを包む前に、アルミホイルの凸凹の何カ所かにごま油を数滴垂らしておく事により、ごま油の風味がいっそうおいしくしてくれる。(石焼き芋で使われている裏技)

レシピ4、5は、焼き芋専門店のレシピで、ポイントは、

  • アルミホイルは巻かずに、焼くことが共通
  • 10~1月頃までの新芋は水分が多いので長めに焼き、それ以降の芋は短めに焼くと良い

ですので、参考にされて下さい。

まとめ

焼き芋をオーブントースターで作る際の、温度や時間について、美味しくできるレシピを紹介しました。

  • 一定の温度をキープしやすいので、トースターの方が美味しい焼き芋を作りやすいと言える
  • 甘い焼き芋は、温度管理が決めてなのでしっかりと確認
  • サツマイモのレシピのポイントは、時間をかけてじっくり焼き上げること
  • 加熱後、サツマイモの温度を60~70度に長く保つことで甘みが増す

以上のことを参考にされ、焼き芋作りをされてみて下さい。

美味しい焼き芋ができると感動するでしょう。

余談ですが、このレシピを知らないときに焼き芋をグリルで焼いたら温度が高すぎて美味しくはできませんでした。

やはり温度を管理して、じっくりと焼き上げるのがポイントだと思います。

スポンサーリンク