昔から「西の富士、東の筑波」と愛称され、朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰」とも呼ばれている筑波山。

男体山と女体山の2つの峰を持ち、標高の低い日本百名山の1つです。

紅葉の時期となると、ブナをはじめとした落葉紅葉樹が多く見事な紅葉を楽しむことができます。

標高が低いため歩きやすく、都心からのアクセスが良いため、紅葉の時期には多くの人が訪れます。

筑波山の紅葉の見ごろの時期や、混雑の状況について紹介していきます。

スポンサーリンク


筑波山とは

筑波山(つくばさん)は日本の関東地方東部にあり、茨城県つくば市北端にあります。

標高:877 m
所在地:茨城県つくば市

筑波山は、万葉集にも詠まれており、日本百名山、日本百景の一つ。

百名山では最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに1000m未満の山です。

登山・ハイキングなど年間を通して自然を親しめるのが魅力。

また、ケーブルカー、ロープウェイを使えば簡単に山頂にたどり着くことができ、子どもからお年寄りまで、だれもが美しい眺望を楽しめます。

11月上旬から紅葉を見ることができ、
筑波山神社境内のイチョウや、ケーブルカー宮脇駅周辺の紅葉も美しいです。

筑波山ケーブルカーではもみじがライトアップされ、夜間運行が実施。
闇夜に浮かぶ幻想的なもみじの輝きを観賞できるでしょう。

筑波山の紅葉が見頃を迎える時期

筑波山の紅葉は10月下旬から山頂より徐々に色づき始めます。

例年の色づき始めは、10月中旬~10月下旬。

また、ふもとの筑波山神社周辺が色づくのは11月下旬で、長い期間にわたり紅葉が楽しめます。


筑波山が見頃を迎える時期は、例年11月初旬~中旬。

しかし頂上や、中腹、ふもとの位置によって見頃の時期が異なります。

頂上付近での紅葉を楽しみたい方は、11月初旬に行かれるのがいいと思います。



2017年は、11月中旬に中腹が見ごろを迎えました。




2017年の筑波神社です。11月下旬に見頃を迎えたようです。



2016年12月頃の麓の様子です。


筑波山の現在の様子を確認する方法

筑波山におけるライブ情報を発信するため筑波山各地に合計4カ所、5台のライブカメラが設置されています。

設置箇所は、御幸ヶ原・女体山頂・筑波山梅林(上部)・筑波山梅林(下部)・県道42号線です。

筑波山ライブカメラホームページ
筑波山観光にお越しになる際にはこちらの情報も確認されてみてください。

また、Twitterで確認したり、

こちらの「つくば市観光推進課」のTwitterのページからでも情報を確認できます。

筑波山の紅葉は、関東近辺では少し早めのようですのでお出掛けの際にはご注意ください。

筑波山の混雑状況や渋滞具合

筑波山が紅葉の時期に入ると、休日にはとても混雑します。

とくに土日祝の山頂付近は、先に進めないほど。

男体山女体山共に山頂が狭いため、通路が渋滞になるのです。

例えば、白雲橋コースは、通常は小一時間程で登れるコースですが、八合目~山頂で登山客の渋滞ができ、神社から山頂まで2時間半ほど掛かるときもあります。

普段の倍以上かかってしまうので、混雑を避けたい方は余裕を持って7時半位には到着して、空いている時間に登り始めるのもいいかもしれません。

神社周辺市営駐車場は、5時から停めることができます。


また、体力の自信がない方でしたらケーブルカーを、帰りより行きに利用した方が混雑を避けることができるでしょう。

混雑が予想される時期の11月は、以下の時間から営業されています。

・ケーブルカーの営業時間は、11月の土日は、8:40から
・ロープウェイの営業時間は、11月の土日は8:40から

となっています。


また道路も混雑します。渋滞する場所が、

・筑波山道入口交差点付近~筑波山神社
・つつじヶ丘駐車場付近

です。

紅葉の時期の休日に行かれる際には、茨城県が勧めているパープルライン経由の迂回ルートを利用してみましょう。


そして渋滞回避するために、朝早く出発するのがオススメです。

平日はそこまで混みあうこともなく、すぐに駐車できますよ。

スポンサーリンク


筑波山の駐車場

筑波山の駐車場は、神社周辺市営駐車場と、つつじヶ丘駐車場で合わせて800台以上が駐車することができます。

神社周辺市営駐車場

神社周辺市営駐車場は、近くのP2、P3から満車になっていきます。

次のP4、P1という感じで駐車されます。

駐車台数

・市営第1駐車場 普通車:204台,大型車:7台, 身障者用:6台
・市営第2駐車場 普通車:8台,大型車:4台,二輪車:8台程度
・市営第3駐車場 普通車:140台,大型車:10台
・市営第4駐車場 普通車:100台

料金

・普通車 500円
・大型車 2000円
・二輪車 250円

営業時間

午前5時~午後8時

【お問合わせ先】
筑波山観光案内所  029-866-1616

筑波山つつじヶ丘駐車場

駐車台数

全400台
(普通車):388台,(大型車,マイクロバス):12台:(二輪車):一定区画内へ駐車

駐車料金

1回あたり:(普通車)500円:(二輪車)200円:(マイクロバス,大型車)2000円

営業時間

4月1日~11月30日 【平日】:9時00分~18時00分,【土日祝日】9時00分~19時00分

12月1日~3月31日 【全日】:9時00分~17時00分

【お問合わせ先】
茨城県道路公社 業務部 029-301-1131


筑波山へのアクセス

筑波山へのアクセスの方法は以下の通りです。

電車

つくばエクスプレスで「つくば駅」から、

直行筑波山シャトルバスで約40分。「筑波山神社入口」を下車してから徒歩15分。
または、直行筑波山シャトルバスで約50分。「つつじヶ丘」を下車してすぐ。

常磐自動車道土浦北ICから筑波パープルラインまたは国道125号経由で、約40分。

北関東自動車道桜川筑西ICから県道148号経由で、約40分

バス

R東京駅から高速バスで約1時間25分。つくばセンターを下車し、

そこから乗り換えて「直行筑波山シャトルバス」で約40分。「筑波山神社入口」を下車し、徒歩15分。
または「直行筑波山シャトルバス」で約50分。「つつじヶ丘」を下車すぐ。

さいごに

筑波山の見頃や混雑の状況について紹介してきました。

筑波山が見頃を迎える時期は、例年11月初旬~中旬。

素晴らしい紅葉の景色を頂上でもケーブルカーを使用することで気軽に見れたり、標高が低く登りやすいということもあり、このシーズンはとくに混き合います。

快適に紅葉を楽しめるように混雑状況も参考にしてみてください。

スポンサーリンク