メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

緑川静香,実家が貧乏でコオロギ飯!?うそ?本当?気になる理由。

   


スポンサーリンク




最近バラエティ番組で貧乏エピソードを話すタレントさん(モデルさん)をよく見かけます。
その中で、衝撃のエピソードを語った緑川静香さん。
9頭身モデルの彼女にいったい何があったのでしょう!?

緑川静香 画像

出典:http://6303b0087165a4b95e99311643564ed020150902133104884_262_262.jpg



コオロギを食べたことは本当にあるの?

まずは簡単なプロフィールから

緑川 静香(みどりかわ しずか)
誕生日:1988年6月24日
職業 :女優、ファッションモデル、タレント。
愛称 :しーたん、しーちゃん。
出身 :埼玉県
身長 :165cm
血液型:AB型

家賃2万円のアパートに、両親と兄の一家4人で暮らしていた「緑川さん」。
彼女が5歳の時に、お父さんが蒸発してしまい、さらに貧乏になったとのことです。

小学2年の時、知人の築年数がかなり古い家の物置で生活していた。その物置は約3畳。天井のタイルが剥がれており、ネズミが走ると、よく天井から粉が降ってきたそうです。

また、食事については、スーパーの「試食」で主におなかを満たしていたそう。他には、「コオロギ」を食べたという経験の持ち主。空腹には耐えられなかったため、公園の「葉っぱ」を食べていたこともあるそうです。
「コオロギ」はやはり一度食べたことがあるみたいですね。


スポンサーリンク



ちなみに、肉はゴムの味がすると教えられて育ち、幼少期はあまり食べることができなかったようです。
番組出演中、幼少時代を思い出して涙する場面がありました。
私は子どもの頃、お肉って無性に食べたくなりました。健康の面はさておき、身体から力が出るように感じるというか。
貧乏って辛いですね。男はつらいよ。みたいな。あっ、全然違いましたね(笑)すみません(^^;)

今の活躍・経済状況はどうなんでしょうか?

今は活躍レギュラーを持っているようですが、そんなにお金持ちになったという感じはしませんでした。
深夜番組に出演時のギャラは、無名なタレントさんで1回3~5万円。ゴールデン番組に出演時は、1回10~20万円らしいです。
新人タレント?というつづりであれば、1か月の給料は10万円程度となるみたいです。そのかわり事務所が、家賃など生活費を負担してくれる事務所があります。このためバイトをして掛け持ちで生活している人が多いようです。
ほとんど歩合制なので、仕事が増えていくとその分給料にプラスされて行きます。
ちなみに、ファッション雑誌のモデルの場合、1日の撮影ギャラは15万円前後が相場です。
契約モデルだと月に、100万円前後の契約料が支払われるらしいです。

貧乏だった芸能人

●風間トオル
原っぱに生えている草やタンポポを食す。カマキリ、砂、土を食べていた。
洗濯機に入り入浴。Tシャツを裏返してきて体操服の見せかけていた。
虫歯でペンチで抜く。交通費を浮かすため、10駅分徒歩で移動するという、超人的な生活をしていた頃もあるらしいです。

●マギー
代表的なおかずは、モヤシを醤油で炒めたもの。
築70年以上の木造でかなり薄い土壁で、冬は寒く眠る時は、家族3人川の字になった寒さをしのいだようだ。

●中居正広
水をかけただけの水ご飯。
お風呂に入れない時は、玄関前の水道ホースで洗髪する。

●浜田雅功
住んでいたアパートが老朽化で天井が抜け、2階の部屋から韓国人のおばちゃんが落ちてきた(笑)

●麻生久美子
ザリガニを茹でて食べていた。

●大沢ケイミ
●船山久美子
●高橋メアリー、高橋ジュン

まとめ

コオロギを食べたというのが、衝撃的で詳しく調べてみようと思ったのですが、なかなか他にも、ビックリする内容がありました。貧乏って心を強くするんでしょうか?それとも、そうなっていくのでしょうか?
この幼少期の経験を、芸能界という、とても甘くない世界に存分に生かしてほしいと思いますっ!!

スポンサーリンク



 - 未分類