メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

松原照子の2017年の予言!地震はくるのか?どんな年に予想されているか。

      2017/01/22


松原照子(まつばらてるこ)さんは2011年の東日本大震災を的中させた方として有名です。

松原照子  画像 出典:http://earthquake-eruption.blog.so-net.ne.jp

その後も次々を予言されていますね。
そのたびに注目を集めていらっしゃいますが…

その中で2017年にはどのようなことが語られているのか気になりました。

松原照子さんの2017年の予言はどうなんでしょうか。
また大きな災害はくるのでしょうか。


スポンサーリンク



松原照子とは


2005年からブログを開設し、見える・聞こえる・感じることなどを発信している。

松原照子さんの公式WEBサイト>>>https://terukomatsubara.jp

松原照子さんは幼い頃より、彼女自身が『不思議な世界の方々』と呼ぶ存在から、未来の話を聞ける特殊な能力を持っていたといいます。

様々な災害を予言して警告していきました。
予言は、地震以外でも災害・事故・著名人に関しても予言されています。

松原照子さんの名を一躍有名にした東日本大震災の予言の記事内容です▼▽▼

2011年2月16日の記事

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。 どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。 指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。 東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。 千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし 東京・埼玉も『なんだこれ』私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに 私自身 今日は地図を見る力が薄れているのかと心配になってしまうくらいだ。 もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。

もっと他も見ないといけないのだろうが これ程の県名を書いた後だけに見る気がなくなったが 心の中で『揺れる・揺れる』と言っている自分がいた。 又 改めて見てみますが 気を付けて下さい。 大きな揺れを感じる私が ここにいます。
出典:https://terukomatsubara.jp/


ここまで詳細に予言ができるものなんでしょうか…地名もバッチリ出てきましたし。驚くばかりですね。
予言した当時は今より有名ではなかった為に、そんな大きく取り上げられなかったようです。


スポンサーリンク



2017年の予言


2017年だけを限定する予言が少なく、2017年以降を予言しているものを集めてみました。

<2014年12月9日>

「南関東も今年からの7年は十分気を付けた方がよい」
「南海トラフ地震、関東の大地震(首都直下)、富士山噴火の3つが一緒にやってくると思えて仕方ない」


首都直下地震が2020年までに起きることを示唆。
南海トラフ地震・首都直下地震・富士山噴火は連続して起きるというのだろうか。
つまり、今後7年の間に南海トラフ地震と富士山噴火が起こる!?

「2025年には現在より1.5~3℃地球の気温は上昇することでしょう」
「50年以内に北海道にミカンの花が咲くようになっている」
「大都市の大停電。それと、家や車が天高く舞い上がっています」


「この度の熊本県大地震の後、北海道が揺れるかもしれないと思ってしまいました。
 「すぐ」とはどのくらいを指すのかがわかりませんが、これからの2~3年、北海道は揺れやすく、どこかの火山が活発になるかもしれません。
 名前が付く規模の大地震はご免蒙りたいのですが、どうもそうはいかない気がしています。」


北海道では、国後島沖、根室沖、十勝沖、他に紀伊半島や和歌山周辺も揺れやすいところとして挙げられています。


松原照子の予言の特徴


今まで書いてきたように、松原さんはたくさんの予言をしています。

今までたくさんというのは、東北地方の予言は回数にしてなんと120回以上。
関東地方は170回も超えると言われています。

私は予言は、あまり聞けないもう少し神秘的な感じがしていたんですが、松原さんにはとても身近なようです。

辞書でいう予言(よげん、prediction)とは

ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明すること」である。

●神秘的現象としての「予言」は、その中でも合理的には説明することのことのできない推論の方法によって未来の事象を語ることを指し、占星術やチャネリングと同じく疑似科学の領域の話題として扱われることが多い。

●広く人類の種々の文化圏にみられる宗教的現象で,それぞれの文化によって多くのニュアンスの相違があるが,ある人物が一時的にその人格性を停止し,神もしくは神霊などの道具となって,その「神意」を民衆に告げること。


などがある。

あまりに多すぎると、どれを信じていいのか困りますが、気になるのも事実です。

たくさんされている予言の数々ですが、あちらの世界からの声が聞こえにくい、感じにくいときがあるとは思いますが、日にちや場所、何が起きるのかをバッチリを予言していただきたいですね。

これからどのようなことが予言されるのでしょうか。
また、新たな気になる予言がされた場合、追記していきたいと思います。


最後までお読みいただきましてありがとうございました(^^)


◆◇関連記事です◇◆

江原啓之の予言2017年のメッセージや内容とは。地震や戦争の予知は語られるのか。

木村藤子の2017年の予言とは。占いの方の評価はどうなのか!?

上地一美(うえちかずみ)2017年の占い。評判や口コミは?宮古島鑑定の予約方法

橋本京明が2017年のお勧めのパワースポットとは?占いの評判はどうか。

水晶玉子の2017年,運勢占いが当たると口コミで評判に!?その理由とは

ゲッターズ飯田の占い2017年。当たるか当たらないか評判は!?

島田秀平の来年の運勢占い(2017)とは。誕生日で分かる数字占いが好評!

島田秀平の手相占い2017年,金運を書く方法などをご紹介!


スポンサーリンク




 - スピリチュアル