メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

こち亀が連載終了!理由は何?もうジャンプには掲載されない?次の構想は

   


こち亀  画像

出典:http://www.j-kochikame.com


1976年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が、約40年におよぶ連載に幕を閉じることが9月3日、分かった。
9月17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となります。

スポンサーリンク


“巨大絵巻物”の奉納式で発表


神田明神(東京都千代田)で3日に行われた同作の“巨大絵巻物”の奉納式でという場で発表されました。

こち亀 巨大絵巻物  画像

出典:http://headlines.yahoo.co.jp



神田明神は、作中に度々登場するスポットです。
その縁の深い場所に7メートル超の絵巻物を神宝として永年奉納されました。

秋本氏は1976年9月の連載開始から1度も休載しておらず、そんななか「過酷な週刊連載をこなしながら、7 メートルを超える彩色描きおろし絵巻の制作。

「未来永劫、秋本先生以外では成し得ない絵巻になるでしょう」と讃えていました。

この神田明神という縁の深い場所、絵巻物を神宝として永年奉納というタイミング、秋元先生感慨深いものがあったでしょうね。

※ちなみに絵巻は、9月14日から26日まで東京・日本橋タカシマヤで開催の『こち亀展』でも展示予定。

『こち亀展』


私はジャンプには、こち亀がないとおかしいと思い、不思議な気持ちがしています。
小さい頃から、ジャンプを開けば、そこには両さんと仲間達がいて、ストレスなんてない楽しい世界が繰り広げられていました。


終了の理由


作者の秋本治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」と語った。終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」と説明。「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」と話した。


体調面の理由ではない。
終わっちゃうのは悲しいがおめでたいこと。
とのことです。
200巻と言う節目が終りを意識させたようです。

しかし...

いつまでも描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。


とあるので、たまに両さんに逢えるかもしれませんね。
スパッと終わると寂しいので、まだ余韻が残るこんな感じがいいですね。


次の作品の構想もあるようなので、また秋本先生がどのような作品を生み出してくれるのか期待します!


スポンサーリンク



こち亀は、1999年より舞台版を公演し、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演で初の連続ドラマ化(2009年8月1日よりTBS土曜8時枠)もされた国民的アニメです。

こち亀  香取慎吾主演ドラマ  画像

出典:http://yaplog.jp/miuey



●9月に復活するオリジナルテレビドラマ『こち亀』
●放送日は9月18日(日)午前9時~

お馴染みの声優陣(両津勘吉:ラサール石井、秋本麗子:森尾由美、中川圭一:宮本充、大原大次郎:佐山陽規)


40年以上における週刊連載で一度も休載せず、「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録の保持。コミックスの発行部数は累計1億5,650万部



皆さんの声



さいごに


皆さん、さすがにこんなに長い間続いた連載漫画...寂しい気持ちですね。

いつかは、くる。
でもそれは今だったのか?と思いますけど、連載期間が長く一度も休載されたことがないようなので、ゆっくりと体を休めていただきたいと思います。

本当に長い間、お疲れ様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


【関連記事】
石井てる美・ヒラリークリントンのネタ、英語っぽくいうネタが面白いと評判

スカイツリーに虹のバリア出現!2016年8/30ツイッターで話題になる

のんある気分でロバート秋山がCM&クリエイターズネタ?近松マサヲミ好演


スポンサーリンク




 - エンタメ