北野天満宮は京都の梅の名所です。

梅が開花する時期になると、たくさんの方々がこちらを訪れ楽しまれています。

北野天満宮の開花状況や見頃はいつごろなのでしょうか。

梅苑公開する時期や梅花祭詳細についても紹介していきます。

スポンサーリンク



北野天満宮の梅2018!開花状況


北野天満宮で早咲きの梅は、例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花します。

そして徐々に咲き繋ぎ、3月末頃まで長く楽しめるようになっています。

今年の冬は寒いので、いつもより少し遅い開花になるのではないでしょうか。

北野天満宮のフェイスブックでも開花状況を確認できますので参考にされてくださいね。

北野天満宮のフェイスブックは、こちら

ではそれぞれの例年の梅の開花状況を見ていきましょう。

『寒紅梅』

早咲きの梅。

12月末から1月初めにかけて紅色の八重の花を開花します。

梅の甘い香りもします。

『思いのまま』

美しく珍しい梅。

2月下旬から開花します。1本の木に紅白の花を一緒につける種類があるようです。

どんなふうに花が咲くか、人の手では制御できないことから名づけられたそうですよ。

『黒梅』

珍しい品種で、大輪で八重咲き、濃い紅色の花が2月ぐらいから開花します。

『紅和魂梅(べにわこんばい)』

樹齢300年の紅梅。

3月から本殿前に可憐な薄紅色の花を咲かせます。

菅原道真公の“飛梅伝説”が伝わる本殿前のご神木です。

『月の桂』

1月から薄っすらと青緑色の花が開きます。

スポンサーリンク


北野天満宮の梅が見頃を迎える時期

梅の見頃を迎える時期は、

  • 早咲き
  • 中咲き
  • 遅咲きの梅

により異なります。

北野天満宮は中咲きの品種が多く、遅咲きの品種は少ないようです。

12月中旬から開花し始め、見頃は2月下旬から3月中旬ぐらいになるでしょう。

2017年の見頃時期の参考に

2017年の北野天満宮の梅は、

  • 1月下旬で3分咲き
  • 2月初旬4分咲き
  • 2月中旬6分咲き

の開花状況で、3月中旬が見頃だったようです。


気温の上昇に伴って梅の花芽も成長し開花するので、暖冬だと開花が早まります。

(2017年の様子)

時間による梅の開花

北野天満宮は標高が高い場所にあります。

午前中だと観光客も少ないようですが、気温が低く梅が開ききっていないことがよくあります。

午後から見に行くのがオススメでしょう。

北野天満宮の2018年梅苑公開する時期

(2017年の様子)

梅苑公開されるのは例年2月上旬頃となります。

しかし開花状況により異なりますので、


から最新情報を確認しましょう。

開苑期間は、例年2月初旬から3月下旬。

白梅、紅梅、一重、八重と、梅の間を縫うように散策できる路があります。

そしてお茶とお菓子を提供する茶屋も開催。

入場料に梅茶・お茶菓子付の金額となっています。

なおこの梅茶は、小袋に入った粉茶で自分で湯呑に粉を入れポットからお湯を注いで飲むタイプのお茶です。

そして梅苑公開中の2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われ、毎年多くの人々で賑わいをみせています。

梅苑の詳細

  • 公開時間:10時~16時まで
  • 入場料:[いずれも茶菓子付]
  • 大人700円(中学生以上) こども350円
    30名以上1割引:(但し25日・土・日曜・祝日を除く)
    身体障害者割引:大人350円・こども175円


スポンサーリンク


北野天満宮の梅花祭詳細

梅花祭は例年15万人もの参拝者がいます。

毎年大人気の野点と、ライトアップで1日中多くの方で賑わっています。

見頃を迎える時期の梅と、舞妓さんや芸子さんを一緒に見ることができるのはとてもステキでしょうね。

こちらの記事で梅花祭を詳しく紹介しています。


北野天満宮のライトアップ情報

毎年北野天満宮は、梅の見頃を迎えるころにライトアップされます。

  • 2月25日
  • 3月25日

には日没から21時まで境内がライトアップ。

しかし2回目のライトアップの3月だと散ってしまってしまう可能性もあります。

2月25日は祭神菅原道真公の祥月命日で、祭典が行われます。

露店もたくさん出ますので、2月の方がオススメです。

350の石燈籠と250の釣燈籠にあかりが灯され、国宝の本殿、社殿が美しく浮かび上がり、幻想的な雰囲気になります。

まとめ

北野天満宮の梅についての情報を紹介してきました。

  • 梅の開花は、12月中旬頃から3月末頃までと長い期間がある
  • 見頃は、2月下旬から3月中旬暖冬だと開花が早まる
  • 午前中は気温が低く梅が開ききっていないことがあるので、午後からの方がオススメ

  • 梅園公開される時期は、例年2月上旬頃
  • 期間は、2月初旬から3月下旬
  • 入場料は、茶菓子付で大人700円(中学生以上)こども350円

  • 梅花祭は、2月25日に開催
  • 梅花祭野点大茶湯も行われ、毎年多くの観梅者でにぎわう
  • 詳しくはこちらから

  • 2月25日は梅花祭もあり、露店もたくさん出店する
  • ライトアップは、2月25日と3月25日に行われ、時間は日没から21時まで
  • 見頃である2月25日のほうがオススメ

この時期はまだまだ冷え込んで寒いですが、そのなかで見る梅は一段と綺麗に感じますよね。

様々な梅を存分に楽しまれて下さい。

スポンサーリンク

関連記事一覧です