北野天満宮は梅の名所として有名です。

梅花祭が行わるときには梅の見頃を迎え、境内の梅苑を観賞するためにたくさんの人々が来られます。

この日には夜間のライトアップも行われますので、一日中賑やかな日となるでしょう。

そういった状況では混雑具合が気になるところですね。

毎年とても人気のある野点や、オススメな駐車場などを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク


北野天満宮の梅花祭とは

北野天満宮は学問の神様である菅原道真公(すがわらのみちざねこう)をお祀りしている全国天満宮の総本社です。

天暦元年(947年)に創建され、「北野の天神さま」と呼ばれ多くの人に親しまれています。

北野天満宮は梅の名所としても有名。

境内には約50種、1500本の梅の木があり、紅梅、白梅、一重、八重など実に様々な梅の花が美しい景観と芳香を漂わせています。

例年2月上旬には梅苑が公開され、そして北野天満宮の梅の見頃となる梅花祭(ばいかさい)が開催。

祀られている菅原道真公の祥月命日である2月25日に行われる祭典で、約900年も続く歴史的な祭典です。

お米を蒸して大小二つの器に盛った「大飯」「小飯」。

梅の小枝を刺した「紙立」(こうだて)などをお供えします。

「紙立」に使用した玄米を「厄除玄米」といい、1袋100円にて授与できます。


北野天満宮の梅花祭2018!混雑状況

梅花祭の参拝者数は15万人にのぼります。

さらに2018年の梅花祭は2月25日の日曜日で、平日よりも参拝者数が増えます。

バスで行こうにも、バス停に着いたバスが満員で乗ることができないなんてこともありえます…。

周辺道路も渋滞がおこるでしょう。

スポンサーリンク


梅花祭の混雑のピーク

境内の混雑は、祭典が行われる10時~11時がピークです。

野点が終了する15時ごろまで混雑が続くでしょう。

境内の前の道路まで人があふれ、初詣さながらの混雑です。

この時間帯に行かれる場合はそれなりの覚悟をしないとくたくたに疲れてしまいそうですね。

屋台も多く出ており、参道は人で埋め尽くされます。

(2017年度の混雑具合)

野点が大混雑

梅花祭では野点がとても人気があり、大混雑します。

去年行かれた方の情報では、野点の行列に12:44時点で1時間30分ほど並んだとのこと。

14時を過ぎても40分程度並ぶ必要がある場合も。

この混雑は野点が終るまで続きます。

有料エリアの梅苑については、境内ほどではないですが野点が行われる10時~15時まではたくさんの方が観賞されているでしょう。

混雑を避けるポイント

混雑を避け梅花祭を楽しみたいのであれば以下の時間帯がオススメです。
  • 野点が行われるまでの時間
  • 午前5時30分~9時ごろ
  • もしくは夕方4時以降

屋台は遅くまで開いていますし、日没以降は21時までライトアップもされます。

ですので時間に都合がつくのであれば夕方の方が個人的にはオススメ。

普段見ることのできない境内の夜梅を楽しめる絶好の機会です。

ライトアップでの参拝時間延長

普段の参拝時間は、5時30分~17時30分ですが、ライトアップされる日没~21時までは、境内に自由に入れます。ただ、寒さには注意が必要ですので、防寒対策をしっかりしましょう。


注意事項として、梅苑が公開される時間は、10時から16時までです。

ですので、空いている時間に行かれると境内は楽しめますが、梅苑は閉まっているか可能性がありますのでお気をつけ下さい。

スポンサーリンク


北野天満宮の梅花祭2018年の見どころを紹介

何と言っても梅花祭の見どころは大茶湯(野点)でしょう。

上七軒の舞妓さんにお茶を点てて奉仕していただけるなんてこれを逃せば普段経験することができません。

梅花祭の頃は梅苑の花も咲き、満開とまではいきませんが、十分に見る価値ありです。

また、野点に参加しなくても舞妓さん、芸妓さんを見られます。

梅の花をバックに舞妓さんが大勢歩く姿…、想像するだけでも煌びやかで素敵ですね。


梅花祭のライトアップ

また梅花祭の日は上記でも記載してありますが、日没頃より境内がライトアップされ、21時まで参拝できます。

普段見ることのできない幻想的な風景が広がっています。

気温も寒く距離感も近づくためデートにもってこいかもしれませんね。

露店も多く、梅を見ながらの食べ歩きもいいですね。

花より団子となる方もいるでしょう。

梅花祭の野点(茶会)情報

野点(のだて)とは屋外でお茶を点て飲むことをいいます。

梅花祭では三光門広場前で梅花祭野点大茶湯(ばいかさいのだておおちゃのゆ)が催されます。

時間は、午前10時~午後3時まで

豊臣秀吉公が北野天満宮にて大茶湯を催した故事にちなみ、昭和27年から始まりました。

上七軒の舞妓さん、芸妓さんたちがお茶を点ててくださり、梅の咲き誇る境内で華やかな野点を楽しむことができます。

野点に参加する方法

大茶湯に参加するためには野点拝服券1,500円が必要です。

  • 拝服券
  • 宝物殿拝観券
  • 撤饌引換券

の3枚がセットになっています。

1月25日より券の頒布が始まります。

先着3000名分で当日券もありますが、土日と重なると午前中にはなくなる可能性が高いでしょう。

また当日券を買うために長い行列に並ばなければなりません。

確実にゲットしたいのであれば事前購入をオススメします。

北野天満宮の社務所で購入できます。

お茶のお作法って難しいんじゃないの?敷居が高い…とお思いのあなた。

座敷席と椅子席の2種類がありますので、椅子席の方はお作法が分からなくても入りやすいそうですよ。

また、お茶が来るまでの間、芸妓さんや舞妓さんとお話をしたり写真を撮ったりもできるそうで様々な楽しみ方ができます。

スポンサーリンク


北野天満宮の駐車場情報

北野天満宮第一駐車場は毎月25日は使用できません。

ですので梅花祭のときには利用できなくなるんです。

第2駐車場は無料で使用できますが、駐車台数が40台と限られていますので、停めるのは難しいでしょう。

ちなみに利用時間は9時~17時となっています。

北野天満宮付近には他にもたくさんの駐車場があります。

そのなか以下のオススメの駐車場を紹介していきます。
  • 北野天満宮北パーキング
  • タイムズ北野天満宮前第2
  • キョウテク 北野天満宮東
  • タイムズ上七軒第2
  • タイムズ上七軒
  • タイムズ北野白梅町駅前

北野天満宮北パーキング

北野天満宮から約150メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 8時~20時(1時間200円)
    20時~8時(1時間100円)

    月~金 8時~20時(最大料金600円)
    土日祝 8時~20時(最大料金800円)
    全日20時~8時(最大500円)

  • 駐車台数:11台



タイムズ北野天満宮前第2

北野天満宮から約200メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 全日(1時間200円)(最大料金600円)

  • 駐車台数:5台



キョウテク 北野天満宮東

北野天満宮から約150メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 8時~20時(30分200円)
    20時~8時(60分100円)
    毎月25日は8時~20時)(最大料金400円)

  • 駐車台数:5台



タイムズ上七軒第2

北野天満宮から約400メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 8時~20時(30分200円)
    20時~8時(60分100円)(最大料金800円)

  • 駐車台数:14台



タイムズ上七軒

北野天満宮から約400メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 8時~22時(40分200円)
    22時~8時(60分100円)(最大料金1000円)

  • 駐車台数:9台



タイムズ北野白梅町駅前

北野天満宮から約500メートルほど離れた場所にあります。

  • 料金
  • 全日(40分200円)(最大料金:月~金600円、土日祝700円)

  • 駐車台数:41台



タイムズ駐車場をリアルタイムチェック

タイムズの北野天満宮周辺の時間貸駐車場の情報をこちらから調べることができます。

  • リアムタイムの利用状況
  • 料金シュミレーション

などをチェックできるのでオススメです。


※情報は記事執筆時のものですので、変更されている場合もあります。

ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

スポンサーリンク


北野天満宮へのアクセス

電車

JR「京都駅」から山陰本線、亀岡行に乗り「太秦駅」下車。

4分ほど歩き、嵐電(京福)「撮影所前駅」から北野線、北野白梅町行に乗り「白梅町駅」下車、徒歩5分。

バス

JR京都駅より市バス50/101系統に乗り「北野天満宮前」下車すぐ。

名神高速道路南インター又は東インターより約30分。

まとめ

北野天満宮の梅花祭の混雑状況や野点内容、駐車場について紹介してきました。

  • 北野天満宮の梅花祭は、菅原道真公の祥月命日である2月25日に行われる祭典で約900年も続いている
  • 混雑状況は、例年15万人の人出があり、野点が行われる時間帯は初詣並みの大混雑
  • 混んでいるピークは、祭典が行われる10時~11時
  • 混雑を避けるポイントは、野点開始までの時間帯・早朝・夕方4時以降に行くのがオススメ
  • 北野天満宮の梅花祭の見どころは、大茶湯(野点)とライトアップした梅
  • 梅花祭の野点は、午前10時~午後3時までで、上七軒の舞妓さん、芸妓さんたちがお茶を点てて下さる
  • 野点に参加する方法は、野点拝服券1,500円が必要で1月25日より券の頒布が始まる
  • 北野天満宮の周辺駐車場でオススメは、
    • 北野天満宮北パーキング
    • タイムズ北野天満宮前第2
    • キョウテク 北野天満宮東
    • タイムズ上七軒第2
    • タイムズ上七軒
    • タイムズ北野白梅町駅前

梅の見頃に行われる梅花祭は今年も多くの人出となるでしょう。

野点に梅苑、ライトアップなど思う存分楽しまれて下さい。



北野天満宮の梅はとても見事なことで有名です。

梅花祭の時期、梅の開花状況はどうなのか気になる方も多いですね。

例年梅の開花や梅苑の公開される時期は決まっています。

北野天満宮の梅が気になる方は確認しておきましょう。



スポンサーリンク

関連記事一覧です