【紀平梨花】歯並び矯正中で可愛い?今後の身長・筋肉について調査(画像)


紀平梨花 スケート 画像

出典:http://sp.2ch.sc/



フィギュアスケートの全日本ジュニア強化合宿が7月、29日愛知県豊田市の中京大アイスアリーナで公開されました。

女子で今季からジュニア部門に上がる14歳の紀平梨花選手が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を5度も成功させたと話題になっています!

これはどれだけ凄いことなんでしょうか!?詳しく見ていきたいと思います♪


スポンサーリンク



トリプルアクセルは世界で6人しか跳べない


トリプルアクセルは、世界スケート連盟公認大会で女子では、浅田真央、伊藤みどり、中野友加里の日本人3選手が含まれていて世界で6人しか成功例がないのです。

身体能力の高い紀平選手は、トリプルアクセル5本中3本の成功率まで上がっており、今や自分の武器と語っている。

このトリプルアクセルに加え、3回転トーループを付ける連続ジャンプを4度決めています。
この3回転半-3回転トーループが決まれば女子では世界初となり…

世界初ということは、メダリスト候補に急浮上したのも頷けます!!

歯は矯正で美しく

フィギュアスケートはどうしても歯を食いしばることが多く、歯にダメージが行ってしまいがちです。
少し不揃いな歯が、あどけなさを感じさせて愛くるしい紀平梨花選手。

ビジュアルも大切な競技ですし、歯の為にもなるので矯正はとても良いですね。

ちなみに矯正は、80万前後かかるようですが、使う器具、その子に歯の生え方によって、値段も大きく変わってくるようです。

矯正の期間

小児矯正は大人の歯(永久歯)が生え揃う前に行う矯正なので、永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行っていきます。

そのため、通常の矯正よりも長い治療期間・観察期間が必要になることが多くなります。
(通常、歯の生え代わりが終わる15歳前後までは経過を観察する必要があります)

また、永久歯が生え揃ってから再度矯正が必要となる場合もあります。



なかなか長い道のりですね。
矯正は慣れてくれば違和感はあまりなくなってきます。
梨花選手の綺麗になった歯並びをぜひ見てみたいですね。


スポンサーリンク



生年月日などwiki風で紹介


紀平梨花:(きひら りか)
生年月日:2002年7月21日
出身地 :兵庫県西宮市
血液型 :O型
身長  :149cm
体重  :非公表
所属  :大阪スケート倶楽部


最近14歳になられたばかりなんですね~




今後の身長の行方・筋肉も

身長も平均的な数値ではないでしょうか。
まだまだこれからの成長期のため身長も伸びるでしょう。

そして身長が伸びて体重もその分増えるとトリプルアクセルなどジャンプの安定性はどうしてもかけてしまいがちと言われています。

フィギュアスケート選手(女子)は160cm前後の選手が多いです。
見た目も綺麗で、芸術点も取りやすいです。

どんどん成長して背が高くなった場合には、紀平選手の自分の武器と語っている、ジャンプは不利になります。
背が高いと人の何倍も努力しなければならずに、苦労もたくさんするからです。
逆にステップや、スピンなんかは、背が高いとダイナミックに見えとても見栄えがいいですね。

ジャンプは、小柄で軽く、重心が低い方が安定します。

跳躍力に必要なのは足の筋肉かと思いますが、回転するので後背筋の筋力や上半身のパワーもたくさんいります。

紀平梨花選手の特技、逆立ち歩きが大いに役に立ちそうですっ!!
上半身や体幹が凄く鍛えれそうですね。

紀平里香  筋肉  画像

出典:https://www.nsttv.com/



紀平里香  筋肉  画像

出典:http://www.sankei.com/


さいごに


天才スケータとして世の中を驚かすのも時間の問題となっている紀平梨花選手。
若干14歳にして、この期待。
第二の浅田真央選手になる予感がビリビリします!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする