川崎大師の初詣といえば屋台がたくさん出ることで有名ですよね。

そんな光景を見ることで初詣がますます楽しいものになります。

川崎大師の屋台について、出店の時間と期間はいつまでなのか、オススメの種類についての情報を紹介していきます。

スポンサーリンク


川崎大師の初詣2018!屋台の期間はいつまでか


お正月期間中だけではなく、いつも屋台は出ているようですが、
初詣期間は屋台の出店数が多いんです。

初詣限定の屋台も出てるようですね。

毎年、三が日ぐらいまでは多くの屋台が出店して、数は減ってきますが例年5日ぐらいまでは屋台も多いでしょう。

ですので川崎大師の初詣で屋台の出店期間は、
正月三が日は特に多く、5日まではたくさん出店しています。

2018年は、1月6日が土曜日のため、7日ぐらいまでは多くの屋台が楽しめるかもしれませんね。

そして1月中は通常よりも屋台の数は多そうです。

ただ、限定のお店を狙うなら3日までに行った方がいいでしょう。
 

川崎大師の初詣の屋台出店時間

川崎大師で屋台が出店されている時間は、元旦は終日となります。

2~5日は日中のみですので、夜に屋台に行きたいは元旦のみ深夜も楽しむことができます。

  • 元旦:終日
  • 2~5日:日中のみ

川崎大師はお正月三が日で300万人もの参拝者数を誇ってあり、元旦はとくに多いです。


ですので屋台もそのときばかりは深夜遅くまで営業されているんですね。

お正月のめでたい気分をより一層盛り上げてくれそうです。

スポンサーリンク


屋台の出店場所

川崎大師駅から川崎大師に向かう大師参道沿い、道路の両端に並んでいます。

屋台は境内にもたくさん出ています。







おすすめ屋台

川崎大師ではたくさんの屋台ば出ているのですが、そのなかでも毎年人気の屋台があります。

もつ煮

1年中出ている屋台です。

優しそうなおばさんがやっていて、スープも絶妙でもつの味が引き立っていてとても人気があります。


じゃがバター

器に入っており、バターコーンが入れ放題で人気です。

出店場所が変わる時があるので、見つけるのに苦労するかもしれません。


屋台で販売している種類

川崎大師では、たくさんの屋台の種類が販売されています。

おすすめ屋台の部分でも紹介させていただいたように冷えた体を温めてくれる食べ物が多いですね。

具体的な種類をみていきましょう。

【食べ物】

  • フランクフルト
  • 豚汁
  • 揚げ饅頭
  • 焼きまんじゅう
  • 大判焼き、たいやき、今川焼
  • 大阪焼き
  • あんこ餅
  • ぬれせんべい
  • お好み焼き、やきそば、たこやき
  • リンゴ飴
  • とうもろこし
  • ポテトフライ
  • とりのから揚げ
  • いかやき
  • 串焼き
  • おでん
  • 枝豆
  • もつ煮込み
  • 牛すじ煮込み
  • 焼き鳥
  • ベビーカステラ
  • 肉巻きおにぎり
  • かりかりチーズ
  • じゃがバター
  • バナナチョコ
  • わたあめ
  • チュロス


【飲み物】

  • 甘酒
  • 日本酒
  • ビール
  • ラムネ
  • ジュース

【遊び】

  • 射的
  • スマートボール
  • みずぶえ
  • お面

仲見世の「くずもち」が人気

仲見世でもたくさんのお土産が売っています。

特に「くずもち」は有名で住吉屋が人気で、参拝後にお土産に買って帰る人が多いです。



まとめ

川崎大師の初詣のときに出店する屋台の情報を紹介してきました。
  • 川崎大師の初詣は、いつも川崎大師には屋台が出ており、正月三が日は特に多く、5日まではたくさん出店している

  • 川崎大師の初詣の屋台の出店時間は、
    • 元旦は、終日営業している
    • 2~5日は、日中のみしている
  • おすすめ屋台は、もつ煮・じゃがバター

  • 屋台で販売している食べ物はたくさんある。
    • フランクフルト
    • 豚汁
    • 揚げ饅頭・焼きまんじゅう
    • 大判焼き・たいやき・今川焼
    • お好み焼き・やきそば・たこやきなど

屋台で買い外で食べるとより一層美味しく感じると思いますので、ぜひ初詣と一緒に楽しんで下さい。

スポンサーリンク


関連記事一覧です