インフルエンザにかかると、高熱・喉・咳・頭痛などに悩まされると思いますが、腰痛になり困っておられる方が多いようです。

これはインフルエンザの症状なのか疑問に思い、心配になる方もいます。

インフルエンザ中に、腰痛になる原因や、腰痛が治らない時の対処法、いつまで続くか原因などを紹介します。

スポンサーリンク


インフルエンザで腰痛になる原因

ではまずインフルエンザで腰痛になる原因を探っていきます。

インフルエンザウイルスが侵入すると「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。

この「プロスタグランジン」は血流をよくし、以下のような働きがあります。

  • 発熱させる
  • 免疫力を高める
  • 熱に弱いインフルエンザウイルスを退治してくれる

しかし、この「プロスタグランジン」は、痛みを増殖する作用も持っています。

インフルエンザウイルスを退治するために必要ですが、同時に痛みを引き起こすのです。

ですがなぜインフルエンザは風邪のときと違い、腰痛になるのでしょうか。

インフルエンザと風邪の腰痛の違い

実は風邪のときも「プロスタグランジン」は分泌されているのですが、熱の高さによって腰痛が起きないのです。

風邪のときはインフルエンザの時と違い、軽度の熱しか出ません。

ですので「プロスタグランジン」の戦闘能力がインフルエンザに比べて弱いということです。

この症状で風邪かインフルエンザを見分けられそうですね。

インフルエンザ中の腰痛が治らないときの対処法!

腰痛もインフルエンザの症状とわかりましたが、痛すぎて困っておられる方に少しでも痛みが和らぐように対処法をご紹介します。

スポンサーリンク


お風呂にゆっくりつかる

インフルエンザで腰痛になる原因の1つは、寝たきりによる血流の悪化です。

微熱まで下がり元気であれば、ゆっくりお風呂につかれば、血流の流れを良くし痛みが改善されます。

コルセットを使う

もし動けないほどに痛みになってしまった場合は一時的ではありますが、コルセットをし腰を固定してあげましょう。

ですがコルセットをしてしまうと腰を固定するので腰痛の治りが遅くなります。

使用する際は、痛みがひどい時だけにしましょう。

痛むところに湿布を貼る

湿布には冷湿布と温湿布があります。

一般的には以下のように使用します。

  • 冷湿布
  • 足を捻ったり、体を酷使したり、筋肉や筋を痛めてしまうなど痛みが出ている部分が、炎症を起こしている可能性があるときに冷湿布を使用します。

  • 温湿布
  • 慢性的な痛みなどで血行が悪い状態の時に、血液の循環を良くし痛みを軽減することができる温湿布を使用します。
インフルエンザの腰痛の場合、血管を収縮させ、炎症による痛みを和らげることを対処の目的とします。

ですので、冷湿布を使用します。

腰を直接冷やさず、下記のような部位を冷やすことも効果的です。

  • 太い血管が通っている脇の下
  • 首の後ろ
  • 太ももの付け根

腰に直接冷湿布を貼る場合には、一揆に冷やすと腰の痛みが増加してしまうため、少しずつゆっくりと冷やすことが大切です。

また、ずっと冷やし続けるのではなく、痛みが和らぐ程度に冷やすようにしましょう。

インフルエンザの腰痛に、温湿布を使用する方が良いとされる場合もあります。

高熱が出ている場合などには、寒気や悪寒を感じることがあり、その時は温湿布を使用することも効果的です。

その時に体調に合わせて使い分けましょう。

鎮痛剤は服用する

インフルエンザの場合は、我慢できないほどの辛い腰痛・頭痛・熱冷ましで鎮痛剤を服用したいときがあります。

鎮痛薬を服用すると症状が緩和されるからです。

ですが、もし医師にかかった際に鎮痛剤を処方されていない場合、家にある鎮痛剤をむやみに飲まないようにしましょう。

同時に飲んでしまうと、インフルエンザ脳炎・脳症を重症化させてしまうケースがあるようです。

使用したい時は、医師や薬剤師に相談しましょう。


寝方を横向きで寝る

仰向きやうつ伏せで寝ることは、腰に負担がかかりますので避けるようにしましょう。

ですので、左右交互に横向きで寝たほうが腰への負担は軽減されます。

何個か対処法を上げてきましたが、やはり1番簡単に気をつけたほうがいいのは寝方のようです。

インフルエンザ中の腰痛が和らぐオススメの寝方

では、それぞれの寝方を見ていきましょう。

    横向き
  • ただ単に横向きで寝るのではなく、背中と腰を丸め、膝を曲げて寝る(海老さん寝と言われているようです)
  • 抱き枕を使う
  • 自分が安心して寝られる位置を探す

    仰向き
  • 膝裏にクッションやタオルをいれ、膝を軽く曲げる
  • 膝を曲げる角度や首や腕の位置は、・自分が安心して寝られる位置を探しましょう

    うつ伏せ
  • 本来腰痛にうつ伏せはあまりよくありませんが、うつ伏せのほうが安心する方は片足の膝を少し曲げて出し(平泳ぎのように)、腰への負担を減らしてあげましょう。

上記は参考までに試してください。

人それぞれ安心して寝れる方向、角度などは異なりますので、腰に負担のないようゆっくりと動きながら探してみてください。

スポンサーリンク


安静期間が終わり徐々に動いて腰痛対策

インフルエンザにかかると、風邪とは違い療養期間が長くなります。

インフルエンザはできるだけ身体を休め、1週間は安静にしておいたほうが良いですが、その間にずっと寝たきりだと
腰痛が起こりやすいです。

普段元気な身体でも寝すぎると腰が痛くなりますので、インフルエンザ中はそれ以上に寝ますので気を付けましょう。

1番の理想は、解熱後2~3日して元気が出てきたら、寝てばかりではなく徐々に動くようにしましょう。

もちろん激しい運動と無理は禁物です。

インフルエンザ中の腰痛はいつまで続くか

インフルエンザ中の腰痛はいつまで続くかは、本来ならばインフルエンザウイルスが退治されたら、腰痛は引きます。

しかし、これから紹介する原因で長引く可能性もあります。

インフルエンザが治っても腰痛が続く原因

インフルエンザが治ったのにまだ腰痛が続く方がいます。

その原因はインフルエンザ中の、寝ているときの体勢に問題があります。

寝ている姿勢には、

  • 予想以上に腰に負担がかる
  • 腰の筋力も気付かないうちに落ちている
  • 普段より体力がなく、寝返りの回数も少ない

このようなことが起こっています。

インフルエンザが治った後でも腰痛が続かないように、寝ているときの体勢を意識し対策をしていきましょう。

しかしインフルエンザが治った後、あまりにも腰痛が続くようでしたら、整形外科に受診し医師の判断に任せましょう。

まとめ

  • インフルエンザで腰痛になる原因は「プロスタグランジン」という物質が分泌し、ウイルスを退治するが共に痛みを増殖させている

  • 風邪の時に腰痛が起きないのは、熱の高さの違い

  • インフルエンザ中の腰痛が治らないときの対処法は、寝方に気をつけるのが1番簡単
    横向きでは海老さん寝と言われる、背中と腰を丸め膝を曲げて寝る方法がオススメ

  • 解熱後2~3日したら徐々に動き、日常生活に戻すことで腰痛対策になる

  • インフルエンザ中の腰痛がいつまで続くのかは、インフルエンザウイルスが退治されたら良くなる
    しかし寝ているときの体勢で長引く人もいる。

インフルエンザにかかってしまったらしんどいですが、腰痛に対しても対策をしていきましょう。

【関連記事です】
インフルエンザはお風呂で感染する?いつ入っていいのか。子どもの場合も紹介


スポンサーリンク