明治神宮は国内で初詣の人出がもっとも多い神社です。

お正月の三が日は、境内は身動き取れないくらい人で溢れかえります。

混雑のなかの初詣はとても大変ですよね。

明治神宮の初詣のときに混雑を避け快適にお参りができるように回避方法をまとめてみました。

また、明治神宮の初詣ではこれでもかってくらいたくさんの屋台で賑わいます。

その屋台の時間や場所などについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク


明治神宮とは

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。

その面積は東京ディズニーランドよりも大きく、豊かな森の憩いの場所として親しまれています。

大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事も行われ、加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)がパワースポットとして有名であったり、美しい花菖蒲など、多くの見どころがあります。

参拝ができる時間

 
開門、閉門の時間は下記の通りです。(予定)
  • 大晦日  6:40 ~ 0:00
  • 元日 0:00 ~ 19:00頃
  • 2日 6:40 ~ 18:30頃
  • 3日 6:40 ~ 18:30頃
  • 4日 6:40 ~ 18:00頃

大晦日から元日までは、終夜お参りできるようになっています。

※ 正月の参拝時間は、状況により変更される場合があります。

明治神宮の初詣の混雑

明治神宮の初詣の混雑は、全国の初詣の人出ランキング1位になるほどとても大混雑します。

アクセスが良い都会のなかにあるのもその理由の1つでしょう。

(屋台の映像も後半の4分10秒辺りから出てきます。)

そんな明治神宮の混雑を回避してなるべくスムーズにお参りしたいと思われる方も多いと思います。

  • 三が日以降に参る
  • 参拝時間の変更
  • 年始めの最初の土日は避ける
  • 空いている参道を選択

など、回避方法をわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク


三が日以降に参る

大晦日の夜12時から元旦の午前3時ごろが1番混雑します。

境内だけでなく周辺道路、交通網の渋滞も半端ではありません。やっぱりみんな元旦にお参りしたいですものね。

三が日を過ぎると段々と参拝客が減ってくるそうなので、三が日を外してお参りするのがオススメです。

因みに、1番混んでいる時だとお賽銭箱に行きつくまでに3~4時間かかるそうです・・・。

参拝時間の変更

混雑回避するには時間をずらしましょう。

どうしても元旦にお参りがしたいという方は、
元旦の午前5時ごろがお勧めです。

大晦日から元日までは、終夜お参りできますので、夜中の参拝客が帰った後の時間で、若干参拝客が減っている時間帯です。

この時間を過ぎると、再び参拝客が増えてくるので注意をしてください。

2日以降の開門時間は6:40からとなっており、
開門直後か閉門前の17時以降が狙い目です。

年始めの最初の土日は避ける

いくら三が日が過ぎても、その年最初の土日は混むようです。

これもまたみんなが思うことかもしれないのですが、

「3が日が過ぎたから空いているだろう」「土日の仕事休みに行こうか」などと考えている人も多く、

来年は、

  • 1月5日(土曜日)
  • 1月6日(日曜日)

になるのでこの土日は要注意ですので、初詣される場合には、時間帯や参道などを工夫しましょう。

空いている参道を選択

明治神宮には、

  • 南口
  • 北口
  • 西口

の3つの入口があります。

正門は南参道(南口)となっており、やはり南口から入る人が1番多く大混雑します。

そのため、入場規制がかかり他のルートよりも時間がかかってしまいます。

混雑を回避するには1番空いているルートを選びましょう。

北参道(北口)も途中から南参道と合流しているため、

西参道(西口)から入ると他の参道との合流がないので、比較的すんなりと本殿までいけるでしょう。


上記の地図を見ていただくと、各駅から本殿の距離は、参宮橋駅からの西参道の方が近いです。

他の参道より徒歩2分位の差があるのでそこも魅力ですね。

スポンサーリンク


明治神宮の初詣の屋台2019!

明治神宮の初詣はたくさんの屋台が出店されています。

その数は100店舗近くあるのではないかと言われており、もの凄い数の屋台を楽しみに来られる方も多いでしょう。

屋台の期間は営業時間はいつまでなのか、場所やオススメの種類についてなど屋台の情報をまとめてみました。

屋台の期間や時間はいつまでか

屋台の営業期間は、

12月31日~1月6日(日)まで楽しむことができるでしょう。

明治神宮は参拝客がとても多いので、正月三が日を過ぎても屋台が出店されているんですね。

しかし、4日が平日になった場合には屋台の数はグッと減ってきます。

2018年はそうでした。


今年のたくさん屋台が出店されている日を予想すると、

  • 12月31日の深夜
  • 1月1日
  • 1月2日
  • 1月3日
  • 1月5日(土)
  • 1月6日(日)

2019年のお正月は4日を休めば長い連休が取れるので、4日も休む方も多いと思われます。
その影響で4日も出店されているかもしれません。

屋台を楽しみたい方は早めにお出掛けされてくださいね。

屋台の営業時間

屋台の営業時間は、

31日の深夜より営業開始されます。

1日は19時の閉門時間までずっと営業しています。
2日以降は10時頃より18時頃までの営業です。

12月31日 深夜より営業開始
1月1日 19時の閉門時間までずっと営業
1月2日以降 10時頃~18時頃まで営業

天候が悪いと参拝客が少ないので

早めに閉店する屋台もありますので天候が悪い日には注意されてください。

スポンサーリンク


屋台の出店場所

屋台の出店場所は、

  • 明治神宮の外苑
  • 主に3つの参道口周辺(北参道、南参道、西参道)
  • 明治神宮の文化会館前の広場

  • などに多くの屋台が出店します。

    文化会館前広場には広いイートインスペースが設けられているのでゆっくり屋台を楽しむことができるでしょう。

    View this post on Instagram

    #filmphoto #japan #tokyo #お正月 #初詣 #明治神宮 #meijijingu #屋台

    槙田紗子さん(@saco_makita)がシェアした投稿 –


    オススメの屋台(名物)

    屋台は各地のB級グルメも揃っており、そのなかでおススメの屋台は、

    「昭ちゃんコロッケ」
    「炭火焼きみたらし団子」

    です。

    昭ちゃんコロッケ

    昭ちゃんコロッケは、山口県で生まれたNHK全国コロッケコンクールで金賞を受賞している人気屋台です。

    値段は1つ200円。

    冬の寒いなか、揚げたてで熱々のコロッケを食べるのは一段と美味しさが増しますね。


    炭火焼きみたらし団子

    明治神宮を参拝したら食べる方も多いのが、炭火焼きみたらし団子です。

    ここのお団子は炭火で焼いてあるので、独特のおいしさがあるんでしょう。

    また食べたいと思う方が続出のお団子です。


    屋台の販売している種類

    明治神宮の屋台は、全国各地でよく見かける定番の、

    • たこ焼き
    • 焼きそば
    • 串焼き
    • イカ焼き
    • ジャンボフランク
    • ホットドッグ

    その他にも、
    • 牛ホルモン焼きうどん
    • よこすか海軍
    • 宮崎鶏鉄板焼き
    • 横濱ドーナツ
    • うどん
    • コロッケ
    • ラーメン
    • ハンバーガー
    • 富士宮やきそば
    • 厚木白もつ
    • 厚木のもつ煮
    • 玉こんにゃく
    • 餃子ドッグ
    • せんべい汁
    • チヂミ
    • もんじゃまん
    • おでん
    • タイ料理
    • タイラーメン
    • クラムチャウダー
    • 味噌おでん
    • トッポギ
    • プレーリードッグ
    • オムソバ
    • ケバブ
    • ジャガバター
    • スープからあげ
    • 肉うどん
    • 肉そば
    • とん汁
    • けんちん汁
    • あげナン
    • 豚まん


    デザートや飲み物は、

    • クレープ
    • 焼き芋
    • おしるこ
    • いちご飴
    • りんご飴
    • カステラ
    • わたがし

    • ミルティ
    • 酒まんじゅう
    • さつまいもスティック
    • バナナチョコレート
    • 甘酒
    • ホットコーヒー
    • ワンカップの熱燗
    • ビール
    • チューハイ
    • ジュース


    • 的当て
    • おみくじ
    なんかもあります。

    この屋台は期間限定のお店がほとんどですので色んな種類の屋台を楽しんでみてくださいね。

    スポンサーリンク


    アクセス

    明治神宮へのご参拝の入り口は3か所です。

    電車

    • 原宿口 【南口】
      • JR山手線「原宿」駅を下車、徒歩1分
      • (JR 原宿駅 臨時改札口の開設時間の情報はこちらから)
      • 東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅 を下車、徒歩3分

    • 代々木口 【北口】
      • JR山手線「代々木」駅を下車、徒歩5分
      • 東京メトロ副都心線「北参道」駅 を下車、徒歩5分

    • 参宮橋口 【西口】
    • 小田急線「参宮橋」駅を下車、5分

    ※各駅から徒歩の時間は、明治神宮の各入口までを示していますので、参考にされて下さい。

    車は三が日は、車両の境内進入はできませんのでご注意下さい。

    車のご利用についての詳しい情報はこちらからご確認ください。

    住所・電話番号

    • 住 所
    • 〒151-8557
      東京都渋谷区代々木神園町1-1
    • 電 話
    • 03-3379-5511(代表)



    まとめ

    明治神宮の初詣の混雑状況や、回避する方法、屋台の期間や場所について紹介してきました。

    全国一の参拝者数を誇る明治神宮。

    混雑している期間に考え無しでいくと何時間も待つ羽目になるので、少しでも混雑を避けたいときにはご紹介してきた内容を参考にされてくださいね。

    また、屋台を楽しみたい方は大晦日の深夜か、お正月の三が日に行くのがオススメです。

    たくさんの屋台が並んでお正月から楽しい気分になること間違いなし。

    明治神宮ならではの、大集合したB級グルメや定番の屋台を初詣とともに楽しまれて下さい。

    スポンサーリンク