明治神宮は国内で初詣の人出がもっとも多い神社です。

お正月の三が日は、境内は身動き取れないくらい人で溢れかえります。

混雑のなかの初詣はとても大変ですよね。

ですので、明治神宮の初詣のときに混雑を避け快適にお参りができるように回避方法をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


明治神宮とは

明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。

その面積は東京ディズニーランドよりも大きく、豊かな森の憩いの場所として親しまれています。

大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事も行われ、加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)がパワースポットとして有名であったり、美しい花菖蒲など、多くの見どころがあります。

アクセス

ご参拝の入り口は3か所です。

電車

  • 原宿口 【南口】
    • JR山手線「原宿」駅を下車、徒歩1分
    • (JR 原宿駅 臨時改札口の開設時間の情報はこちらから)
    • 東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅 を下車、徒歩3分

  • 代々木口 【北口】
    • JR山手線「代々木」駅を下車、徒歩5分
    • 東京メトロ副都心線「北参道」駅 を下車、徒歩5分

  • 参宮橋口 【西口】
  • 小田急線「参宮橋」駅を下車、5分

※各駅から徒歩の時間は、明治神宮の各入口までを示していますので、参考にされて下さい。

車は三が日は、車両の境内進入はできませんのでご注意下さい。

車のご利用についての詳しい情報はこちらから

住所・電話番号

  • 住 所
  • 〒151-8557
    東京都渋谷区代々木神園町1-1
  • 電 話
  • 03-3379-5511(代表)



参拝ができる時間

 
開門、閉門の時間は下記の通りです。(予定)

  • 大晦日  6:40 ~ 0:00
  • 元日 0:00 ~ 19:00頃
  • 2日 6:40 ~ 18:30頃
  • 3日 6:40 ~ 18:30頃
  • 4日 6:40 ~ 18:00頃

大晦日から元日までは、終夜お参りできるようになっています。

※ 正月の参拝時間は、状況により変更される場合があります。

スポンサーリンク


明治神宮の初詣の混雑

明治神宮の初詣の混雑は、全国の初詣の人出ランキング1位になるほどとても大混雑します。

アクセスが良い都会のなかにあるのもその理由の1つでしょう。

そんな明治神宮の混雑を回避してなるべくスムーズにお参りしたいと思われる方も多いと思います。

  • 三が日以降に参る
  • 参拝時間の変更
  • 年始めの最初の土日は避ける
  • 空いている参道を選択

など、回避方法をわかりやすくまとめてみました。

三が日以降に参る

大晦日の夜12時から元旦の午前3時ごろが1番混雑します。

境内だけでなく周辺道路、交通網の渋滞も半端ではありません。やっぱりみんな元旦にお参りしたいですものね。

三が日を過ぎると段々と参拝客が減ってくるそうなので、三が日を外してお参りするのがオススメです。

因みに、1番混んでいる時だとお賽銭箱に行きつくまでに3~4時間かかるそうです・・・。

参拝時間の変更

混雑回避するには時間をずらしましょう。

どうしても元旦にお参りがしたいという方は、元旦の午前5時ごろがお勧めです。

大晦日から元日までは、終夜お参りできますので、夜中の参拝客が帰った後の時間で、若干参拝客が減っている時間帯です。

この時間を過ぎると、再び参拝客が増えてくるので注意をしてください。

2日以降の開門時間は6:40からとなっており、開門直後か閉門前の17時以降が狙い目です。

スポンサーリンク


年始めの最初の土日は避ける

いくら三が日が過ぎても、その年最初の土日は混むようです。

これもまたみんなが思うことかもしれないのですが、

「3が日が過ぎたから空いているだろう」「土日の仕事休みに行こうか」などと考えている人も多く、

来年は、

  • 1月6日(土曜日)
  • 1月7日(日曜日)

になるのでこの土日は要注意ですので、初詣される場合には、時間帯や参道などを工夫しましょう。

空いている参道を選択

明治神宮には、

  • 南口
  • 北口
  • 西口

の3つの入口があります。

正門は南参道(南口)となっており、やはり南口から入る人が1番多く大混雑します。

そのため、入場規制がかかり他のルートよりも時間がかかってしまいます。

混雑を回避するには1番空いているルートを選びましょう。

北参道(北口)も途中から南参道と合流しているため、西参道(西口)から入ると他の参道との合流がないので、比較的すんなりと本殿までいけるでしょう。


上記の地図を見ていただくと、各駅から本殿の距離は、参宮橋駅からの西参道の方が近いです。

他の参道より徒歩2分位の差があるのでそこも魅力ですね。

まとめ

明治神宮の初詣の混雑状況や、回避する方法を紹介してきました。

  • 混雑を避ける方法として1番は、三が日以降に参ること
    お正月の3~4時間の混雑から、三が日過ぎると参拝客減る。

  • 参拝時間の変更をする
    元旦の午前5時ごろがお勧めで、それ以外では開門直後か閉門前の17時以降が狙い目。

  • 年始めの最初の土日は避ける
    三が日が過ぎたら人が少ないと考えて参拝客が増加するので、1月6・7日は要注意。

  • 空いている参道を選択
    西参道(西口)から入ると他の参道との合流がないので、比較的すんなりと本殿までいける

少しでも混雑を回避して、初詣を楽しまれて下さい。

スポンサーリンク