人は臭いに敏感な生き物です。

良いニオイには食欲やリラックス効果を感じられ、くさい場合には、頭痛がしたり吐き気さえします。

足から臭う強烈なニオイを察知してしまったらどうにか消す方法がないのか対策をしたくなるでしょう。

そのニオイは誰もが毎日履く靴にも関係しています。

ニオイについて様々な角度から紹介していきます。

スポンサーリンク


足が臭ってしまう原因

まずがは足が臭ってしまう原因についてみていきましょう。

特に足の臭いがクサイのはなぜでしょうか。

足は1日にコップ1杯分の汗をかきます。

なぜそんなに汗をかくというと靴のなかは、
  • 湿気が多い
  • 雑菌が繁殖しやすい
などで足が蒸れやすいのです。

ですので靴を履くと特に臭いがきつくなります。

そして雨等で靴が濡れたまま放置していたら雑菌が繁殖し臭いが激増するでしょう。

身体のなかでも特に足の臭いがキツイのは、
  • 靴下を履く
  • 靴を履くことにより蒸れる
  • 汗もかきやすくなる
そのため、足・靴下・靴のそれぞれで雑菌が繁殖してしまうからです。

足の臭い取り・臭い消しに考えられる対策

足の臭いを解消するには、靴の臭いを解消しなくてはなりません。

以下のような方法があります。
  • 重曹
  • 10円玉
  • スプレー
それぞれ詳しくみていきたいと思います。

重曹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自然にやさしい重曹 お徳用(1kg)
価格:298円(税込、送料別) (2018/2/21時点)


重曹とは、炭酸水素ナトリウムという見た目は白い粉。

お掃除用として使ったり、野菜のあく抜きなど料理に使ったりもします。

塩水を電気分解すると水酸化ナトリウムができますが、それに二酸化炭素を反応させてできたもので、

自然界にあるものからできており安全・安心です。

重曹はアルカリ性です。

対して靴の悪臭は汗や皮脂など「酸性」の物質からできています。

酸性をアルカリ性の重曹で中和することにより、脱臭効果があります。

また除湿効果もあるので、
汗で湿った靴を乾燥させて臭いの原因菌の発生を抑制できます。

スポンサーリンク


重曹での効果が出るまで時間

重曹での効果が出るまでの時間を臭いのレベル別でわけてみました。

臭いレベル1:シューキーパー
軽い臭いや、臭い予防にはシューキーパーがおススメです。

毎日使用することにより臭いが付きにくくなるでしょう。

脱いだ靴に入れておくと一晩でスッキリと臭いがとれます。

シューキーパーを作る場合の量と、作り方

シューキーパーを作る場合、1足に付き500g程度。

使い古しのストッキングの脚部分を切り取り、
重曹の半分量を入れ重曹がこぼれない様にしっかりと口を閉じます。

(ストッキングが無い場合は、お茶パックやだしパックなどに入れ、さらに台所の排水溝ネットにそれを入れ口を閉じます。)

それを2個作り、でき上がった物を靴のなかに入れましょう。

お手持ちの靴に合わせて重曹の量は調節してください。

シューキーパーに使う際の重曹に、

  • レモングラス
  • ティーツリー
などのアロマオイル混ぜて使うと殺菌効果により臭いの原因菌の増殖を抑制するので消臭効果がより大きくなります。

さらに、アロマオイルの芳香でにおいが緩和されます。

シューキーパーは1カ月程度は使用可能。

使い終わった重曹は、水に溶かしたりペースト状にしてお掃除に使うことができます。


臭いレベル2:直接振り掛ける
シューキーパーを使っても臭いが残る場合は、重曹を直接振り掛けてしまいましょう。

靴をビニール袋に入れて、大胆にそのまま重曹(大さじ2位)を振りかけます。

靴のなかにもしっかり入れてください。

臭いが軽い場合は一晩で臭いが取れます。

酷い臭いの場合はこのまま数日置いておくと臭いが取れるようです。
靴から重曹をしっかりと取り出す

靴を履く前にはしっかりと重曹を振り落してから履きましょう。

重曹が中に残ったまま靴を履いていると乾燥により肌荒れを起こす場合があります。


臭いレベル3:重曹で洗う
シューキーパーや重曹を振り掛けるくらいでは落ちない場合は重曹で洗いましょう。

重曹を水に溶かし、靴を付け置きしてからこすり洗いをすると、乾いた頃には臭いが取れています。

重曹での洗い方

1リットルのお湯に対し大さじ2の重曹を入れよく混ぜて溶かします。

30分~1時間程度付け置きに。臭いが酷い場合は一晩付け置きします。

靴によっては色落ちする場合がありますので、色物は短時間にしましょう。

その後、重曹水に漬けたまま靴に石鹸を付け洗います。

水道水でしっかりすすいだあとは天日干しに。

日光による殺菌効果で臭いの素になる雑菌をやっつけます。

完全に乾いた頃には酷い臭いも取れているでしょう。


重曹を手に入る場所と値段

100円均一でも売っていますし、スーパーの食料品売り場でも売っています。

値段は、1kg300~500円程度。

100円均一では300g前後の小容量が売られています。
  • 『食用』
  • 『掃除用』
に分かれていますが、靴の消臭目的ならどちらを使っても問題ありません。

ただ、『掃除用』が若干お安いです。(同じ価格でも量が多め)

他での重曹の役立つ方

上でも紹介したとおり、重曹はアルカリ性で、酸性のものを中和して脱臭効果をもたらします。

なので、肉や魚の生臭さを撮るのにも役立ちます。

お茶パックに重曹を入れたものを冷蔵庫に入れておくと脱臭効果が。

また、下駄箱に重曹を入れると下駄箱の消臭もできます。


スポンサーリンク


10円玉


10円玉は、約95%が銅ででき、他には亜鉛4%、スズ1%が含まれています。

10円玉に含まれる銅が水分と反応して生成される、
銅イオンに抗菌作用や水虫の予防効果があるとされています。

靴の悪臭の原因である雑菌を銅イオンが分解することによって、悪臭を軽減することができます。

試験データでも銅イオンによる除菌作用が確認されています。

そもそも、なぜ10円玉に限らず硬貨に銅が使われているのでしょう。

それは色んな人の手に触れ雑菌まみれになっても銅自体の抗菌除菌作用により菌が分解され伝染病などの集団感染を防ぐ意味もあるのですね。

10円玉を入れてから効果が出るまで時間

靴を脱いだ後一晩置いておくと、翌朝には臭いがなくなっているようです。

この時、なるべくキレイな10円玉を使うのもポイントです。

10円玉を消臭効果に使う量

消臭効果があるのは10円玉の周囲なので、
靴底に10円玉を敷き詰める様に入れるようにしましょう。

また、日常的には、10円玉を1枚靴の中に入れておくのもいいです。

靴底に絆創膏などでぺたりと張り付けておくとなかで10円玉がずれるということもありません。

10円玉は他には何に役立つのか

上でも書いた通り除菌抗菌作用がありますので、水が入った花瓶に入れておくと、切り花が長持ちします。


消臭スプレー


靴の表面やなかにスプレーをすることにより靴の臭いを消してくれるスプレーです。

靴の臭いの原因は、体温や汗で長時間蒸れた靴のなかで雑菌が繁殖することによります。

足の裏は1日でコップ1杯半ほどの汗をかくと言われています。

臭いを取るには、靴を乾燥させることと臭いの原因菌をやっつけることが重要です。

消臭スプレーの主な成分

エタノール→臭いの原因菌をやっつける殺菌効果

イソプロピルメチルフェノール→エタノール同様に殺菌効果

銀イオン→雑菌の繁殖を抑制し、臭いの元を除去

緑茶エキス→消臭、防臭効果に優れている


消臭スプレーの効果が出るまでの時間

靴の1度表面と中に適量をスプレーすると臭いが取れます。

消臭効果の持続時間は、数時間~24時間など商品によってさまざまです。

消臭スプレーを手に入れる場所・値段

消臭スプレーは、ドラッグストアやスーパーなどで売っています。

値段は、350円程度~900円程度で手に入れることができます。

その他の靴の臭い対策

その他にも簡単にできる対策があります。
  • 靴のなかに丸めた新聞紙を入れ、湿気を取る
  • お菓子などに入っている乾燥剤を入れる
  • 靴下等に入れ、コーヒーの出がらしを入れ、消臭効果。
そのなかでも簡単にできるお手入れ方法は、帰宅後、靴のなかに丸めた新聞紙を一晩入れておく。

これなら簡単にでき続けられるのでオススメです。

スポンサーリンク


靴下は足を臭わなくする重要なアイテム

靴下も足の臭いを防ぐため重要なアイテムです。

なかでもオススメなのが、
  • 綿
  • シルク
  • ウール
などの自然素材が100%のものがベストです。

自然素材のもは吸湿性に優れ靴のなかの蒸れを防ぎます。

なかでもウールは天然の抗菌作用も持ち合わせているため、臭いの原因菌の増殖を抑え臭い予防に効果的。

靴のなかが蒸れると足が臭う原因である雑菌が増殖します。

汗を吸う素材の靴下を履くことにより靴のなかが蒸れることが少なくなり臭いが軽減されます。

オススメ靴下の種類


種類としては、断然五本指ソックスをオススメします。

見た目がカッコ悪いから…と履くことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近では可愛らしいデザインの物も多く販売されています。

五本指ソックスは指と指の間の汗もしっかりと吸ってくれます。

普通の靴下と比べて靴のなかが蒸れにくく、
臭いの原因菌の増殖を抑え臭い予防に効果的です。
NGな靴下の素材

ポリエステルやナイロンなど化学繊維のものはオススメできません。

化学繊維は汗を吸わないので、靴のなかが蒸れ臭いの原因菌が増殖しやすくなります。


臭やすい足の種類

臭いやすい足の種類があります。

それは足に汗をよくかき常に湿っている足人。

靴のなかが蒸れやすいため他の人と比べ足の臭いがキツイ傾向にあります。
  • 「肉」をよく食べる
  • 「ニンニク」・「ニラ」など臭いのキツイ食品を多く食べる
  • 「チーズ」などの乳製品が好き
  • 「アルコール」をたくさん摂取する人
これらに当てはまる人は臭いの成分が汗に溶け汗自体が臭くなるので、足が臭くなりやすいと言えます。

まとめ

足の臭い消し、臭い取り対策について紹介してきました。

  • 足が臭ってしまう原因は、足は1日にコップ1杯分の汗をかき、湿気が多い、雑菌が繁殖しやすいなどのため
  • 足の臭い取り・臭い消し対策
    • 重曹は、脱臭・除湿効果もあり、シューキーパー・振り掛ける・重曹での洗うなどの使い方ができる
    • 10円玉は、銅イオンに抗菌作用や水虫の予防効果があり、靴底に10円玉を敷き詰めて使う
    • 消臭スプレーは、殺菌効果、雑菌の繁殖を抑制し、臭いの元を除去などの効果がある

     
  • 靴下は足を臭わなくする重要なアイテムで、天然素材がオススメで五本指のものを選ぶ
    • 綿
    • シルク
    • ウール
    • また、肉、ニンニクやニラ、乳製品、アルコールの過剰な摂取は汗自体が臭くなり靴の臭いにも繋がる


スポンサーリンク