選挙期間になると、選挙カーが目につきます。

マイクを通しての宣伝は良くも悪くも私達の関心を引きますね。

とても声が大きいので近くを通るさいには迷惑に感じるときもしばしば。

そんな選挙カーには、何かルールがあるのでしょうか?詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


選挙カーとは

選挙カーは、選挙戦が始まると公費で交付されます。

選挙運動のために看板・拡声器を備えた専用の乗用車です。

  • 車体
  • 看板の大きさ
  • 乗員人数

などにそれぞれ制限がされています。


選挙カーのルールについて

選挙カーには、公職選挙法で様々な決まりがあります。

それは走行中と、停車中かでも違います。
  • 選挙カーには、乗車する人数に制限がある
  • 乗車する者は、一定の腕章を着ける
  • 自動車の上においては、選挙運動をすることができない
  • 停止した、自動車の上において選挙運動のための演説をすることできる
  • 自動車の上において選挙運動のための連呼行為をすることはできる(例:候補者の名前)

などが公職選挙法により、細かく決められています。

選挙カーの制限時間

選挙カーで選挙運動ができる時間は、午前8時~午後8時までです。

第百四十条の二 何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前八時から午後八時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。


ただし、以下のような場所では静穏を保たなければなりません

  • 学校
  • 就学前の子どもに関する教育・保育等施設
  • 病院
  • 診療所
  • 他の療養施設

拡声器のボリュームが大きいので、これは守られているのか疑問の部分ですね。

しかしまたさらに一定のルールがありました。

拡声器を使用する時のルール

  • 同一場所での拡声器使用は1回に10分

  • 1回につき15分以上の休止時間をおく必要がある

  • 拡声器からの音量は、騒音の規制基準値プラス10デシベルまで

大きい声を出しているだけではなく、一定の決められたルールがあったようですね。

自らが発する声をより分かりやすく、多くの有権者に伝えたいという想いからマイクやスピーカーも高品質ものになっていくようです。

このへんを聞いてみるのも、うるさいと思う気持ちから関心がそれるかもしれません。

スポンサーリンク


うるさいと感じた時の対処法

これまで紹介してきたように、法でルールは決まっているのですが、うるさく感じてしまうときはあります。

妨害しては逮捕されてしまいますし、何か対策はないのでしょうか?

気になる選挙カーの選挙事務所に連絡をする

候補者は、苦情が悪評に繋がることを恐れるので、それなりに対応してくれる可能性があります。

うるさく感じたら選挙カーに直接伝える

直接言える場合は伝えちゃいましょう。

苦情が出た場所に長く留まるなんて行為はしないでしょう。

耳栓をして、選挙カーの通過を待つ

少しイライラした気持ちが鎮まるでしょう。ドラッグストアなどでも販売され簡単に手に入ります

選挙カーは選挙区内をくまなく回る

選挙カーは、選挙中に選挙区内をくまなく回ります。

とすると、候補者が多いほど賑やかになりそうですね。

選挙区内にある車が通れる道はすべてを、実際にどこをどう回ったのかを記録しながら選挙カーは突き進んでいくようです。

候補者の思いを汲み取れますね。

まとめ

選挙カーについて調べてみました。

いつもうるさいと感じていた筆者でしたが、その思いが少しだけ変わったような気がします。

  • 選挙カーとは、選挙運動のために看板・拡声器を備えた専用の乗用車

  • 選挙カーのルールは、乗車する人数に制限がある・腕章を着けるなど様々などの決まりがある

  • 選挙カーで選挙運動ができる時間は、午前8時~午後8時まで

  • 選挙カーが学校・就学前の子どもの教育・保育等施設・病院などを通過するときは静穏を保たねばならない

  • 拡声器のルールもあり、音量も決められている

  • うるさいと思う時の対処法は、その選挙カーの事務所や、直接伝えてみる

選挙中の最中は、耳障りの感じることが多いかもしれませんが、政治を行ってくれる人は世の中には居なくてはいけない存在だと思います。

少しだけ耳を傾けるようにしてもいいかもしれませんね。


もし、気になる候補者がいた場合には、その方が行う街頭演説の時間や場所を知る方法をまとめてみました。

直接聞くことで、より候補者の思いを聞くことができるでしょう。

街頭演説の予定時間を知る方法や、行う際の許可・規制などについて。

スポンサーリンク