いよいよ2017年6月1日からビールが値上がります!

その他にも様々なものが値上がりしますが、特にビールに注目が集まっています。

仕事終わりのビールが楽しみで頑張っている方も多いですし、これからビールが美味しい季節になりますので、とても残念なニュースですね。
今までの価格で買えないと、皆さんとても残念に思われています。

いったいビールはいくら値上がりするんでしょうか、ビールと言っても、発泡酒や第3のビールがありますが、こちらにも影響はあるんでしょうか。

注目していきたいと思います!


スポンサーリンク



ビールが値上げ2017年6月!なぜ?理由が納得


はじめに、なぜビールが値上がりするんでしょうか?

改正酒税法によって値上がりします。

改正酒税法は、採算を度外視するような過度な安売り業者に対し、酒類販売免許の取り消しなど厳しい処分を規定する。


というもので、改正酒税法で過度な安売りをする業者に対して厳しく処分することで、大手スーパーやディスカウント店の安値攻勢で苦しい“町の酒屋さん”を救う狙いだそうです。

今まで大手スーパーやディスカウント店や激安で販売できた理由は…
大手スーパーやディスカウント店では、大量にビールを販売することで、メーカーから販売奨励金(リベート)を受け取っていたため、利益を確保でき極端に安く販売することができました。
私達が安くビールを買うことができたのは、この仕組みの為だったのです。

しかし、小さな販売店では、大量に仕入れはできずリベートをもらうことができません。

この問題を解決するために、改正酒税法が施行されます。

今までの動きとして、6月から値上がりする前に、大型スーパーやディスカウントストアでは、価格が少しずつ値上がりしていました。

これは、先程も言いましたように、リベートの問題でメーカー側に原因があります。
6月の値上がりに備えて、原資となる販売奨励金(リベート)減らしていたからなんです。

このリベートで、スーパーやディスカウントストアは値下げができていたので、リベートを減らされたら価格は上がってきます。
今まではリベートをもらうことで、ビールを安く提供し、集客となり、他の商品が売れると言った具合でした。


ですので、今回の改正酒税法によって、この状況が大きく変わっていきます。


スポンサーリンク


値上げされるビール類の種類と値上げされる価格



改正酒税法によって、今までスーパーやディスカウントストアで1,000円程度で販売されていた商品が1,200円程度になる見通しです。

ですが、あくまで価格は販売店が決めます。
アサヒビールのホームページでは、

希望小売価格は設定しておりません。

と書かれています。

各販売店ではどのように、ビール、発泡酒、第3のビールの価格を決めていくか迷うでしょうね。
今までは、激安ビールを売ることで集客をしてきた販売店では客足に大きく影響されそうです。

ちなみにですが、私がいつもスーパーで買っているクリアアサヒは今まで6缶セットで630円くらいでした。

採算を度外視するような過度な安売り価格を見直さないといけないので、100円くらいが上がりそうな気がします。

ビール類の値上がり具体的な額は


ビール類の値上がりは、
今までの価格に10%~20%くらいになる見込みです。

6月1日にス―パーに行き、ビールと、発泡酒・第3のビールの価格を見て来ました。
【ビール】
・アサヒスーパードライ(350ml) 221円(税込み)
・アサヒスーパードライ(500ml) 282円(税込み)
・アサヒスーパードライ(350ml×6) 1,213円(税込み)
・アサヒスーパードライ(500ml×6) 1,595円(税込み)

《キリンも、アサヒと価格とほぼ一緒》

 
【発泡酒・第3のビール】
・のどごし生(350ml) 129円(税込み)
・のどごし生(500ml) 180円(税込み)
・のどごし生(350ml×6) 645円(税込み)
・のどごし生(500ml×6) 915円(税込み)

《クリアアサヒも、のどごしの価格とほぼ一緒》


店頭では一部が値上がりとの説明がされていました。

これは今月の売り出し商品でしたので、他のお店と比べると安くなっていると思います。
参考価格と思われて下さい。

6月1日になると大幅に価格が上がるというイメージでしたが、お店によって大きく違うようです。
しかし、6月中旬を目途に価格を上げると他店では言われていたので、安くなっているうちに買いためておきたいですね。

ちなみにこのようなTwitterがありました。



スポンサーリンク


飲食店のビール飲み放題の価格にも影響


飲食店でのビールの飲み放題メニューにも影響がありそうです。

改正酒税法による酒に安売り強化は、飲食店への卸売りも対象となるからです。

それにともなって卸値が、10%から15%ほど上がる可能性があるようで、今後は今までのような価格では飲めなくなるかもしれません。

飲食店側は価格設定に頭を抱えることになるんではないででしょか。私達にも大きな影響となりそうです。

6月はビール以外の値上げ商品多数あり



※ ご注意 ※2017年6月からは、ビール以外にも値上げされる商品が多数あります!

それは私達の日常生活に大きく関わっているものが大半です。

例えば、バター。
バターを使用する方はたくさんいるでしょう。私も毎日の料理によく使用するので、バターを切らすことがないようにしています。
そのバターが値上げなんて悲しいです。

その他には、ガス・電気です。
同時にガス・電気が値上がりするのは5か月連続。

人によって、値上げ商品の関わり方は違うと思いますが、どんなものが値上げされるのか是非把握しておいてください。

詳しくはこちらからどうぞ ▼▼▼
2017年6月に値上げ商品一覧まとめ!ビール、郵便、タイヤ、など

2017年値上げするものリスト一覧の紹介


2017年、色々なものが様々な理由で値上がりしています。
たくさんあり過ぎて、本当にビックリで日常生活への影響が気になることろですね。

そこで、2017年に値上げするリスト一覧を作成してみました。
1年の通して把握してみてましょう。

詳しくはこちらからどうぞ ▼▼▼
2017年値上げするものリスト一覧!商品の種類は、食品やビールなど

さいごに


・改正酒税法は今までのように過度の安売りをしていた業者は厳しく処分されるというもの。

・私達が安くビールを買うことができた理由として、大手スーパーやディスカウント店では、大量にビールを販売することで、メーカーから販売奨励金(リベート)を受け取っていたため極端に安く販売することができる仕組みがあった為

・今回の改正酒税法により、6月1日よりビールの値段が10%から20%に大幅に値上がり

・改正酒税法は、飲食店への卸売りも対象となるので飲み放題の価格にも影響が出る恐れ

ビールが美味しい季節なのに、こんな法が施行されるなんてとても残念ですね。

販売店により、価格は違ってくると思いますが、過度な安売りはなくなります

価格がどうなるのかは、少しのあいだ見守っていきたいと思います!


◇◆ 関連記事です ◇◆

2017年6月に値上げ商品一覧まとめ!ビール、郵便、タイヤ、など

2017年値上げするものリスト一覧!商品の種類は、食品やビールなど


スポンサーリンク