メディアラカルト

気になる・楽しめる情報を見つけ発信するブログです。

*

アシュタンガヨガとは!?気になるポーズ【動画】太陽礼拝・ストレスに良い!

   



最近は、ライフスタイルの一部として取り入れられているヨガ。

私の周りでも、ヨガを実践している人は多く、イベントなどもとても多いですね。

ヨガをすることで、
■ストレスの軽減・解消
■肉体と精神のバランスを整える
■精神力の向上

など色んな効果があります。


目次


  • アシュタンガヨガって?
  • 8支則とはどんなものでしょう?
  • 気分爽快になる理由
  • 動く瞑想
  • 最後に



yoga-1366028_640
たくさんのヨガがある中でアシュタンガヨガという言葉が気になりました。

ヨガを再認識して、知識を深めようと思い調べてみました♪

やっぱりヨガってやはり良いことがいっぱいですね♪

スポンサーリンク

アシュタンガヨガって?

南インドのマイソールで、決められた順番(シークエンス)に沿って行うヨガです。
呼吸と動き連動させて流れるように体を動かすの特徴的で、とてもダイナミックでエネルギッシュなヨガ。

正式名は「アシュタンガヴィンヤーサヨガ」

アシュタンガヨガには8支則と言われるものがあります。

アシュタンガヨガ  8支則

出典:http://ashtanga_map2.png



古代インドで行われていたヨガを組織していて
それを、8つの階段にまとめあげたものがアシュタンガヨガの8支則です。

8つの階段は1つずつ登るのもあり。
それぞれ飛ばしながらチャレンジするのもありです。

つまり、8つの階段がそれぞれ独立しています。
1つ1つ優劣をつけられるものではないということが言えます。

yoga-389694_640

8支則とはどんなものでしょう?

アシュタンガの8支則

1. ヤマ(禁戒)
2. ニヤマ(勧戒)
3. アサナ(座法)
4. プラナヤマ(調気)
5. プラティヤハラ(制感)
6. ダラナ(凝念)
7. ディヤナ(瞑想)
8. サマディ (静慮)

簡単にまとめるとこのように分かれています。

通常伝統的には、最初のステップである「ヤマ」から練習を始めるはずですが、
現代人のように、心身の健康状態のバランスが崩れていると、最初の二つのステップである
「ヤマ」と「ニヤマ」の練習が極めて難しいそうです。

従って、3つ目のステップである「アサナ」によって心身の浄化を促し、
同時に欠かさず「ヤマ」と「ニヤマ」の練習するそうです。

アシュタンガヨガは非常に決まり事に多いヨガです。
決まりごとの多いって面倒くさいと思われがちですが、逆にそれが良かったりするんですっ!!

スポンサーリンク

気分爽快になる理由

なぜ、そのようになるかというと、アシュタインヨガはとてもきまり事が多いのです。
ポーズの順番、呼吸のタイミング、呼吸の回数、視点の置き方などなど...

こんなにいっぱいあると覚えにくい!と思わる方もたくさんいるでしょう。

しかし、今自分がやるべきことを思い出しながらしていくと、頭がいっぱいになります。

そうすることで、ヨガをやっている間は他にことが考えられません。

今は、ここに集中している『今、ここ』という状態がとてもいいんです。

人間は暇さえあれば、過去や未来に思いをはせ、心配や不安になります。
何も考えないでいることがどれだけ難しいことでしょう。
今この時間に集中していることが、素晴らしく良いんです。
そういう時間を作ることによって心がクリアになります。

動く瞑想

アシュタンヨガは、『動く瞑想』とも言われています。
このヨガをすることで、心が安定して、頭に中がクリアになります。
ストレスをコントロールできるので、とても良いんですね。

meditating-1170645_640
生きている限り、怒りや不安など様々な感情を経験しますよね?
その感情を、コントロールできるなんて、なんて素敵なんでしょう。

最後に

アシュタンヨガは、ハードだけれども、心に大きく影響を及ぼします。
できないポーズもたくさんあるでしょう。
少しだけ、ヨガの経験はありますが、できないポーズの多いこと(笑)

それが、ある日突然できるようになる時を迎えます。
その達成感といったら、とても嬉しいでしょうね♪

ストレスがたくさんある現在社会。
楽しいこともたくさんありますが、どうしても抱えてしまう時があるストレス。

アシュタンヨガを行うことで、上手にコントロールできたら、より楽しい生活を送れそうですね♪


スポンサーリンク



 - ライフ