2018年の干支は、です。

日本ではその年の干支で、どのような年になるのか気にされる方も多いですよね。

2017年の酉年は、「お客をとりこめ商売繁盛に繋がり、今までの頑張ってきた成果が出やすい年」とされていました。

2018年の戌年はどうなのでしょうか。

戌年の意味や由来、さらには運勢を知り、より良い1年にしましょう!

スポンサーリンク


戌年の意味や由来について

2018年は『戌』年ですが、厳密に言えば『戊戌』(つちのえいぬ)になります。

現代では十二支のみ注目していますが元々は、十干十二支(じっかんじゅうにし)といい、甲、乙、丙、丁・・・と続く十干と十二支を組み合わせたものになります。

戌年は十二支のうち11番目。

『戌』という字は『滅』の当て字と言われており、滅びる=草木が枯れる状態を表す言葉だそうです。

また会意文字で収穫を意味するとも言われています。

会意文字とは

二字以上の漢字の字形・意味を合わせて作られた漢字のことを言います。


動物の『犬』とはまったく関係が無いのです。

『犬』があてはめられた理由は、十二支は無学な人でも覚えやすいようにと後付けで身近な動物が当てはめられたようです。

そのため十二支の漢字の本来の意味と動物は全く関係のないものがあてはめられています。

2018年の戌年の縁起


犬は多産でお産が軽いことから昔から安産の守り神として有名です。

そのため戌の日に安産祈願に行くとよいとされています。今年はたくさんの誕生と喜びに出会えるかもしれませんね。

干支の特徴としては、犬は社会性があり忠実な動物で、人との付き合いも古く、勤勉で努力家なことがあげられます。

干支の特徴がその該当する年には良く出ると言われているので、
  • 人とのコミュニケーションが円滑になる
  • 人との付き合い人を深めることができる&縁がある
  • 勉強に励むことができる年

などの年になりそうです。

戌の置物を飾ろう

その年の干支を飾ると縁起が良いと言われています。

また裏干支といって、干支を時計の様に円形に配置したときちょうど反対側に来る干支を一緒に置くことでさらに縁起が良くなるとされています。

戌年の裏干支は辰(タツ)。

置くところは、常に人がたくさん集まるリビングの目線より上の高さに置くのが良いそうです。

玄関にその年の干支の置物を置くと縁起がよく、運気がアップするようですが、戌年は例外です。

干支の梵字は守り本尊の象徴とされており、よくファッションで数珠を身に付けられている人もいると思うのですが、これも縁起が良いです。

2018年の戌年の運勢

過去60年間の戌年について見てみると、戦争や世間に多大な影響を及ぼした殺人事件などが多く起きています。

その一方で世紀の大発見のような素晴らしいことも起こっています。

2018年からは大殺界が10年間も続くとも言われています。

それに加え来年2018年は九紫火星が支配する年。九紫火星というと字の通り火の勢いが盛んな状態を表しており、その性質が運勢にも反映されるようです。

あらゆるジャンルで活気があふれ、大きなニュースや事件が起こるかもしれません。

夏は暑く降雨が少なく異常気象にも注意が必要です。


【過去60年間の戌年に起きたこと】
  • 2006年 秋篠宮悠仁さま誕生、秋田児童連続殺人事件の犯人逮捕、タイで軍事クーデターが起きる、ライブドア事件
  • 1994年 松本サリン事件、大江健三郎がノーベル文学賞を受賞、ウィダーインゼリー発売
  • 1982年 トヨタ自動車発足、ソニーから世界初CDプレーヤーが発売、森永「おっとっと」発売
  • 1970年 よど号ハイジャック事件、三島由紀夫が割腹自殺いわゆる「三島事件」、ビートルズが解散、味の素の「ほんだし」が発
  • 1958年 アラブ連合共和国が建国、売春防止法が施行、東京タワー竣工、コカコーラ社の「ファンタ」が発売

過去の戌年に発売された商品にはロングセラーが多く、来年の戌年にも大ヒット商品が発売されるかも!?

2018年の戌年の過ごし方

2018年は戊戌年です。

この『戊』と言う漢字には「植物の成長の最盛期」との意味があります。

『戌』は草木が枯れるという意味。相反する意味の漢字が並んでいますね。

このことから2017年は草木がすべて枯れてしまったが、それを栄養素として2018年は一気に成長することを表している、と見る人もいます。

しかし、一方でその芽吹きが上手く行かず枯れたままになってしまう=良くない年になってしまうこともあります。

枯れたままだからといって、落ち込まずに地道な努力、地盤をしっかりと作りましょう。

  • 好きなことに集中する
  • 嫌いなことから直ぐに離れる
  • 好き嫌いをはっきりさせる

などのことで運気がアップしそうです。

また、勉強もおすすめです。

戌年は真面目で勤勉、努力家であることから、地道にコツコツと資格取得の勉強や目標をもち、それに向かって頑張れば良い結果が表れるでしょう。

戌年の性格をご紹介

今年は戌年ですので、戌年の性格を紹介します。
  • 正義感が強い
  • 協調性がある
  • 器用で我慢強い
  • 義理人情に厚い
  • 堅実家
  • ストレスを溜めこみやすい

以上のような性格です。

あなたの周りの戌年の方はどのような性格ですが?

上記が当てはまっているのか考えてみるのも面白いでしょう。

ちなみに、筆者の知り合いにはとても良く当てはまっています(笑)

まとめ

2018年の干支、戌年についての情報を紹介しました。

  • 戌年の意味や由来は、十二支のうち11番目で、動物の『犬』とは関係ない。滅びるとも、収穫を意味するとも言われる
  • 今年の縁起は、人とのコミュニケーションが円滑・人との付き合い人を深めることができる&縁がある・勉強に励むことができる年になりそう
  • 2018年の戌年の運勢は、あらゆるジャンルで活気があふれ、大きなニュースや事件が起こるかもしれない
  • 2018年は、現状で落ち込まずに、地道な努力、地盤をしっかりと作り過ごす

楽しい1年を過ごせますように。

スポンサーリンク