2017年6月1日に入り、日常生活に関わるものが値上がりします。
その理由としては、人件費や、材料費高騰、法の改正などがあります。

値上がりになるのは、はがきの郵便料金、電気料金、食品のバター、ビール、タイヤなどです。
家計への影響がとても気になるところですね。

そこで、2017年6月に値上げする一覧をまとめてみましたので、参考にして下さい。


スポンサーリンク



2017年6月に値上げするもの一覧をまとめてご紹介


日本郵便

・はがきの郵便料金は、52円から62円に上げる。
・定形外郵便物やゆうメールでも一部、改定される。(定形外は最大150円値上げ)
・新たに62円切手と62円郵便はがきが発売
・年賀状は52円で据え置き
・定形の封書は、82円のまま据え置き。

今回の値上げに伴い、新たに62円切手と62円郵便はがきが発売されています。

消費税増税以外の理由で値上げするのは約23年ぶりです。

理由は、人件費が増える一方で郵便物が減少しているため、収支の改と、善を図り、安定的なサービスを図るため。年賀状は値上がりしない理由としては、一度にまとまった枚数を届けられ、配達にかかるコストが「通常はがき」に比べて安いため。)

ビール



・酒のディスカウント店やスーパーを中心にビール類などの値段が10%~上がる見込み
・飲食店の飲み放題も、値上がりが予想される

2017年6月から改正酒税法などが施行されます。

理由は、改正酒税法などが施行されるためで、今まで劇安で販売していた酒のディスカウント店やスーパーを中心を国税庁が酒類の安売り規制を強化されるため。)
今まで劇安で販売されてきたのは、大量購入によりメーカーから支払われる販売奨励金で利益を得ていた為であり、今後はこの販売奨励金が抑制される見通し。

詳しくはこちらからどうぞ ▼▼▼

ビールが値上げ2017年6月!いくらで種類は?発泡酒や第三のビールは


電気・ガス

・大手14社(そのうちガスは、4社)がそろって価格を上げ
・ガス料金を20円から25円引き上げ

電力、ガスが値上げするのは5カ月連続です。

理由は、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)、原油、石炭の輸入価格が上昇したため。)

家庭用バター



・6月1日の出荷分から、価格を1.1%~1.2%余り値上げする
・森永乳業と明治は、6月1日出荷分から「森永北海道バター」「明治北海道バター」など3つの商品で、それぞれ5円ずつ値上げ

理由は、明治と森永乳業は国内の生乳生産量の減少)


国内タイヤ

・カー用品店などで販売する乗用車向け夏用タイヤの出荷価格を平均6%値上げ
・上げ幅はオートバックスが平均6%を予定
・イエローハットは5~8%を予定

オープン価格のため、店頭での価格は各店が決める。同様にブリヂストンも値上げが行われる。

理由は、天然ゴムなどの原料の輸入価格の高騰が原因で、4月から値上げしたタイヤメーカー各社に対応するため)

2017年値上げするものリスト一覧の紹介


2017年、色々なものが様々な理由で値上がりします。
たくさんあり過ぎて、日常生活への影響が気になることろですね。

そこで、2017年に値上げするリスト一覧を作成してみました。
1年の通して把握してみてましょう。

詳しくはこちらからどうぞ ▼▼▼
2017年値上げするものリスト一覧!商品の種類は、食品やビールなど


スポンサーリンク



さいごに


・日本郵便は、値上げの代表的なものをして、はがきの郵便料金を、52円から62円に値上げ、年賀状は値上がりしない

・ビールは、改正酒税法などが施行で、過度の安売りが厳しく取り締まりが行われるため、酒のディスカウント店やスーパーでは10%から値上が予想される。

・電気・ガスは、燃料の輸入価格の上昇したため値上がり

・家庭用バターは、6月1日の出荷分から、価格を1.1%~1.2%値上がり

・国内タイヤは、乗用車向け夏用タイヤの出荷価格を平均6%値上げ

どれも私達の生活にかかわるものばかりです。

値上げ、値上げだと気分も滅入りますね、セールになるものはその時に購入し、少しでも値上げの影響を受けないようにしていきたいと思います!


【関連記事です】

ビールが値上げ2017年6月!いくらで種類は?発泡酒や第三のビールは

2017年値上げするものリスト一覧!商品の種類は、食品やビールなど


スポンサーリンク